2010年06月07日

播磨再訪(2010年6月5日)

 過日、長野県への撮影遠征時にS師匠にお目にかかったところ、「蝶の発生が遅れ気味でフライングするシーズンは、どこかで同じ被写体を2週続けて撮りに行って撮影スケジュールを調整すると良いよ」ってお聞きして、なるほどと思いました。
 ってことで、1週間前に訪れた兵庫県のヒメヒカゲ、実は♀撮影狙いだったのですが、完全にフライングでありまして、2週続けての訪問です。

 今回は時期は良いようです。まずはウラナミジャノメが出迎えてくれました。翅裏をきちんと描写しておきましょう。

100605-01.jpg100605-02.jpg 私は詳しくないのですが、これは西日本型?の波目なのでしょう。静岡が東限になるのかな。関東地方の方はこの蝶は縁が薄いのではないかな。大切に撮っておきました。

 以下、お目当てのヒメヒカゲ♀の描写です。
 
100605-11.jpg100605-12.jpg なんと言っても♀は、後翅に続けて前翅裏面亜外縁にもくっきり現れる銀帯を綺麗に表現したいですね。

100605-13.jpg MAX新鮮なヒメヒカゲ♀が撮れました!これ以上新鮮な個体はいません。「新鮮さを担保する根拠」も写し込んでおきました。羽化後30分くらいの感じですね。

100605-14.jpg 交尾個体も1ペア遭遇です。なお、写真を掲載した4♀は、いずれも別個体です。
 ♀は翅裏の色は♂に比べるとやや淡く、仮に、♂の翅裏の色を「益荒男」と表現すれば、♀のそれは「手弱女」と表現できるのではないでしょうか。(難読漢字クイズか?)

 ピーカンのお天気、あまりに暑いので昼前には撮影を切り上げ、午後の活動に備えて昼食&仮眠です。

100605-31.jpg 場所は定番でお気に入りの山陽道の権現湖PA(上り線)でございます。このPAは、ウェルカムゲートがありまして、一般道に駐車して、PAに出入りできます。

100605-32.jpg それに、このPAの「とん太」のラーメンは最高に美味いです。今回は「赤コク味噌ラーメン(\680)」にしておきました。

100605-33.jpg 昼食後、自動販売機で復刻堂「大怪獣レモネード」を買ったら、大好きな「ダダ」デザイン缶が出たので、記念にお持ち帰りです。ウルトラ・マニアの方には分かっていただけるでしょうが、ビーカーの置かれた机上に書かれた「SOS DADA」の文字を夢見て1時間ほど仮眠です。(笑)

 午後は、ウラゴマダラシジミの観察・撮影です。実は、今シーズンからウラゴの観察・撮影にはまってまして、のめり込みそうです。どんな時にどんな場所で開翅するのか・・・やはり自分の目で確認するのが基本でしょう。結局、活動開始から終了まで観察し続けました。こちらは、またの次の機会に書きましょう。
posted by kenken(管理人) at 20:06| Comment(28) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする