2010年06月01日

妻の誕生日(2010年5月29日)

 この日は妻の誕生日。兵庫県神戸市内の妻の実家に妹夫婦も集合してお祝いの乾杯するという「イベント」に参加です。

100529s1.jpg100529s2.jpg こ〜んな感じで乾杯です。私は車での訪問なので、ノン・アルコール・ビールです。おうちで出前の寿司を食べると、なんだかリッチな気分になれますね。(笑)

 ところで、私は、「あ〜、イベントに先だって、ちょっと寄るところがあるので、早朝からお出かけして現地集合しますわ。帰路は車に積んで帰りますしね。」ってなことで、夕刻のイベントまでの間、ヒメヒカゲの生息地を訪れておりました。

 長野県、愛知県など、ヒメヒカゲの主たる生息地では採集禁止の方向にありますが、兵庫県でも同じです。数年前から主たる生息地には、土地所有者(市)、地元町内会の名前で「動植物の採取禁止」の看板が掲げられております。
 当地では、地元の方々の手によって、ヒメヒカゲをはじめとして貴重な動植物の生息環境保全のための草刈りや個体数調査も行われていて、良好な生息環境が保たれています。
 採集派の方も、撮影派の方も、ヒメヒカゲの保全活動にご協力よろしくお願いします。


 さて、ヒメヒカゲ、毎年撮っていますが、次の点で撮ることの難しさを感じます。
・背景をボカしながらも翅裏全体を漏れなくピント合わせて撮るには、下草の遮り、翅とレンズの厳密な平行度に悩まされる。
・太陽光下で翅の色を実物どおり自然な感じで正確に表現するには補助光の要否に悩まされる。
 当日の写真を何枚かお目にかけましょう。

100529h-1.jpg100529h-2.jpg

100529h-3.jpg うん、この3枚目の写真が、最も忠実に翅裏の色を表現しているのではないかな。標準より4段階弱めにしてディフューザー付けてストロボ焚いています。

100529h-4.jpg 開翅も撮ってみました。尊敬するマイ師匠のS氏、最近、ヒメヒカゲは撮影されておられない。ヒメヒカゲの撮影は「老後の楽しみ」にとっておられるのだと思うのですが、師匠ならきっと次のようにコメントするでしょう。「弱めにストロボを焚いたら感じ良く撮れた。だが、茶色一色の蝶は、僅かな傷でも目立ってしまう。」

 この日の走行距離265km。妻の誕生日祝いの出前寿司、ひらめと穴押しが抜群に美味かった。
posted by kenken(管理人) at 20:30| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする