2010年05月23日

ウラゴマダラシジミ(2010年5月22日)

 これまで他種の撮影ついででしか撮ったことのなかったウラゴマダラシジミ(広島県、長野県など、各地で出会ったシーンはことごとく覚えております)、一度、真面目に開翅シーンを狙って撮影しようと、三重県志摩地方までお出かけしてきました。「えっ、ウラゴやったら自宅近所におるやろっ」・・・って声が聞こえてきそうですが、志摩地方特有の明るく美麗な個体を撮ろうとお出かけです。
 翌5/23に所用があるため、この日は計画的な日帰り撮影行です。で、以前から撮影同行希望されていたSky Palaceのhyria君を積んで行きました。
 午前中が降水確率0%のピーカンで、午後は降水確率30%、昼頃から急速に雲と風が出てお天気変わるパターンでした。昼過ぎには夕方のような照度と気温で、ウラゴマを見つけた時にはすでに飛翔活動モードでありました。

100522-5.jpg そんな中、飛翔モードの♂がほんの一瞬ですが葉上に静止し、開翅してくれました。う〜ん、やっぱり志摩地方のウラゴマって明るいお顔ですね。

100522-4.jpg その後、探索していると、背丈くらいの高さの位置で開翅する個体を発見です。hyria君が下から見上げるように撮影された後、コンデジGX100を右手に持って思いっきり手を伸ばし、上から被せるようにして「ノーファインダー撮法」で撮ってみました。うむ、なかなか雰囲気の出た絵になりましたね。

 明るく美麗な♀の開翅狙いでしたが、見つけた♀は交尾中で、しかも蜘蛛に捕食されているなどツキがありません。美麗♀の開翅撮影は、また次回の課題にしましょう。

 先週に続いての三重県連闘、勝手知ったる場所なので、午前中はミカドアゲハ、帰り際にスミナガシを「ウラゴのついでに」撮ってきました。

100522-1.jpg100522-2.jpg 翅裏の赤斑えぇですなぁ〜 恥ずかしながら、ミカドは本州でしか見たことがないので、翅裏の斑紋が黄色の個体は見たことありません。どんな感じなんやろ・・・

100522-3.jpg 雲が出て直射日光が遮られているので、スミナガシ、きっとえぇ色が出るに違いない・・ってことで、結構気合を入れて撮りました。うん、やっぱし直射日光なしのほうがえぇ色でますな。

 この日の走行距離373km。hyria君、お疲れさまでした〜

----【以下、2010-5-23 21:45追記】----
100516d.jpg ところで、皆さん、ダイミョウセセリには後翅の白斑の発達具合で関西型と関東型があるのはご存じですよね。三重県志摩市で撮影した個体を参考までに貼っておきます。コメントいただけると幸いです。

----【以下、2010-5-24 20:20追記】----
100524-040508dm.jpg 関西型ってどんなんか・・・自宅近所のダイミョウセセリの写真を貼っておきますね。ちょっと古い写真です。
京都市左京区 2004年5月8日

posted by kenken(管理人) at 20:58| Comment(42) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする