2010年05月12日

ヒメギフを満喫する(その2)(2010年5月2〜4日)

 前々回の記事の「その2」を書いておきましょう。
 お決まりの絵ですが、ヒメギフチョウの産卵シーンです。ヒメギフの産卵は、開ききっていないウスバサイシンにする場合が圧倒的に多く、また、時間をかけて一度に数卵産付するので、撮影は意外と容易です。

100502hg4.jpg100502hg5.jpg ちょっと趣向を凝らして、同じシーンを違うレンズで表現してみました。
 左が100mmMacro、右が300mmでの画像です。

100502hg6.jpg また別の産卵シーンです。
 産卵シーンは、やはり、きちんと卵を表現したいですね。なので、控えめですがストロボを焚いています。真珠のような卵に涙ちょちょぎれます。

 この日は結構気温が高かったせいでしょうか、珍しく、地面での吸水シーンが見られました。

100502hg7.jpg じっくり吸水していたので、背景も入れて 15mm Fisheye で撮ってみました。いろいろな山菜が自生していそうな背景です。
 確実に口吻を伸ばして吸水しているのですが、15mmだと分かりにくいですね。記録するため、続けて、100mm Macroでも撮りましょう。

100502hg8.jpg 100mm Macro で、ぐっと寄って撮影です。口吻を伸ばしているのが確認できますね。
 ところでこの個体、もちろんヒメギフなんですが、「ギフの血」を感じます。ん!どこが?って・・・次の2点ですが、こういう個体って結構普通なのかしら?
・前翅亜外縁白点列前縁が微妙に内側へずれる
・後翅外縁白点列の中央部分が微妙に橙色(拡大写真参照)

 結局、この2泊3日の撮影行の間、ギフ・ヒメギフの混生地を5箇所訪れましたが、出逢ったのは全てヒメギフで、ホンマにヒメギフを満喫させていただきましたわ。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 20:07| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする