2010年05月10日

ツマキチョウ(2010年5月9日)

 前日5/8は、所用のため新幹線で東京往復しておりました。復路、京都への新幹線の車中、電光掲示板で流れる天気予報を見て、翌5/9の日帰り撮影を思い立ちました。

 早朝からフィールドに立っていると、まずツマキチョウの♂が飛び始めました。ツマキチョウって、結構せわしく飛ぶので、まだ納得のいく絵が撮れてないんですわ。ですが、さすがここは長野県の高原地帯!陽射しのわりには気温が高くなく、活動も穏やかで撮影にはもってこいの状況です。
 以前から撮りたかったイメージどおり絵が得られました。正直、「どやっ、撮れるもんなら、撮ってみぃ!」って自慢したい!(笑) きっと、ふ○み○さんも同じような思いでHPを書いてはることがあるんやろなぁ〜(注:ふ○み○さんの場合は、「撮」が「採」になる)

100509ts1.jpg え〜、イメージどおりってのは次の点でございます。
(1)180度の水平大開翅で左右前後翅の斑紋をもれなく描写 (2)食草となるアブラナ科の花での吸蜜を口吻も含め描写 (3)背景がごちゃつかず綺麗なボケ具合を自然光で描写

100509ts2.jpg これもお気に入りの絵です。翅表を撮りながらも、逆光で、後翅裏の唐草模様が透かしのように表現できているのが好みです。

 上のイメージどおりの絵を得るまでのハズレ画像もお目にかけましょう。こちらは、いずれもストロボ焚いてます。

100509ts3.jpg100509ts4.jpg ちょっと背景がごちゃごちゃしてますよね。

 個人的には、クモマツマキチョウ(以下、クモツキという)よりも、ツマキチョウ(以下、ツマキという)のほうがカッコえぇ蝶やと思ってます。どこが?って・・・そりゃ、ザラブ星人扮するニセウルトラマンのつま先のように、前翅端が尖っていてるところですわ。さらに言えば、グローバルな観点で見ればクモツキよりもツマキのほうが希少ですしね。
 ツマキがこんなポーズと取ってくれるってことは、クモツキもこんなポーズ取るんでしょうねぇ〜クモツキもこんな絵を撮ってみたくなってきた・・・

 ところで、ツマキの絵を得るために長野県の高原地帯までやってきたのではありません。ツマキを追い回していると、上のハズレ画像でツマキが吸蜜していた花の植物を食草とするセセリが出てきましてね・・・
 こちらは、また、別記事で書きましょう。
posted by kenken(管理人) at 19:45| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする