2010年02月23日

最近の胃カメラって凄いね

 前回の話の続きです。胃の具合を悪くしておりまして、モノが食えんし、酒も飲めん・・・ってことで、学生時代の友人がやっているクリニックへ行って胃カメラを飲んできました。

100223-1.jpg 写真右の方で垂れ下がっている黒いファイバー状のものが胃カメラで、なんと細いもので、鼻の穴から挿入するんですね。挿入の苦痛もなく、カメラを飲んだままリアルタイムで胃の画像を見ながら、カメラを操作してくれた友人と会話ができました。

100223-5.jpg くまなく胃の中を見てもらい、検査が終わった後、胃のマップを書いてくれて、絵中の丸数字ポイントと場所が一致する丸数字の写真について、詳しく説明してくれました。

100223-2.jpg@食道から胃の入口を見たところ。
A胃の下のほうで胃が曲がっているところ。
B胃の底の辺り。
C胃の中から食道の入口を見たところ。黒いのはファイバー状の胃カメラ。

100223-3.jpgD胃の出口辺り。黒い穴の奥が十二指腸。
E胃の上の辺り。黒いのはファイバー状の胃カメラ。
F十二指腸の中。
G声帯。

100223-4.jpg 胃の組織を採ってピロリ菌の検査をしてもらいました。私の組織サンプルは右側でピロリ菌は不存在でした。(菌がいると左のような紫色になるらしい)

 診断結果として、「ヤバイものはないが、胃の中が荒れてますね。ピロリ菌がいないのに、こんなに胃が荒れているとは、相当ストレスがかかってますな。鬱状態になってませんか?」と言われました。
 やはり仕事よりも健康が優先なので、暖かくなったら仕事をナニしてリハビリせんとあかんのかなぁ・・・
posted by kenken(管理人) at 12:41| Comment(48) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする