2010年01月21日

クエ料理と清酒「参乃越州」(2010年1月20日)

 蝶仲間で後輩のK君とT君Pが大阪でクエ料理を食べに行くというので、「僕もまぜてぇ〜」って、参加させていただきました。クエ料理って、以前にお造りをちょっと食べたくらいで、ほとんど初経験です。

100120-01.jpg100120-02.jpg 目的のお店、店頭にはこんな看板があって、水槽をクエが泳いでおりました。

100120-03.jpg こじんまりしたお店で4人でテーブル席を囲みます。予約時間どおりに訪れたので、こんな感じですぐに頂けます。お造りは寒ブリですが、それ以外はクエづくしのメニューです。

100120-04.jpg まずは軽くビールで乾杯して、クエの薄造りをポン酢で。これ、いきいきした感じで歯ごたえもあり、とっても美味しゅうございます。

100120-05.jpg あらだきです。清酒・久保田の酒粕でたいてあるとのこと、これまでに食べたことのない異次元に美味い一品です。これには日本酒が合うでしょう。

100120-06.jpg 日本酒を注文すると、「こんなお酒がありますよ」と、いきなり冷えた一升瓶がテーブルに置かれて、「好きなだけ飲んで下さい」とのこと。銘柄は、新潟・朝日酒造の「参乃越州」、有名な「久保田」と同じ蔵元ですな。

100120-07.jpg 初体験の「参乃越州」、一口飲んで感じたのは、淡麗でフルーティ、純米酒なのに米臭さがなくて・・・これなら4人で一升瓶は簡単に空くでしょう。

100120-08.jpg 蝶談議をメインにしながら、こんな感じで、一升瓶からぐい呑みに直接つぎながら飲ります。

100120-09.jpg いよいよメイン料理のクエ鍋です。鍋でクエを食べるのは初めてです。引き締まった身で、これまた異次元の美味しさでした。フグよりもクエのほうが美味いな・・・これは間違いなくリピートしますね。

100120-10.jpg 鍋の後に雑炊が出る頃には、予想どおり一升瓶は空になりました。ひょっとしたら、私が半分くらい飲んだかも・・・(爆)

 クエというお魚をじっくり味わえました。えぇお味のお魚ですね。K君、T君、お誘いいただき、有り難うございました。また誘ってね♪
posted by kenken(管理人) at 20:55| Comment(36) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする