2009年12月09日

我未得季節外(2009年12月6日)

 ブログ仲間の記事では、シーズンオフ企画で賑わい始めておりますが・・・「我未得季節外(ワレ イマダ シーズンオフ タリエズ)」といったところです。
 紀伊半島のルーミス、今シーズン、数回訪れておりますが、地表近くまで降りてきてくれるには、どんな気象条件が良いのでしょうね。これまでよりは気温の低い晴れの日のほうがえぇんとちゃうか?もっと風の強い日のほうがえぇんとちゃうか?などと、いろいろと仮説を立てております。仮説を立てると検証に行かねばなりませず・・・当初、12/5(土)を予定していましたが、お天気の様子を見て、12/6(日)にスライド遠征です。
 この日は、「快晴、気温は低め、北西の風やや強い」という天気予報でありました。

091206-1.jpg 紀伊半島のルーミスの生息地は渓谷が深いので、上空は風が強く雲が勢いよく流れていても、谷間ではほとんど風が吹いておりません。この日は逆に気温が低過ぎたようで、またしても「証拠写真」です。しかし、まあ、後翅のブルーの大きさが泣かせる個体ですな。

091206-2.jpg 上の写真とは別個体です。活動終了時直前、枯れて白っぽくなった葉を探して静止しました。翅裏と枯葉が見事な保護色になってますね。この個体、この後、お休みモードになりました。ルーミスはそれと分かるように翅表と翅裏を同時に撮りたいもんです。
 う〜ん、しかし、房総半島では紀伊半島と違って、ナゼいとも簡単に地表近くまで降りてくるのだろう・・・これは一度、生息地の環境比較のために現地に観察しに行かんとあかんな・・・この日の走行距離598km。
posted by kenken(管理人) at 00:17| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする