2009年11月23日

恒例のOB会(2009年11月21日)

 OBとして所属している京都大学蝶類研究、ここのところ毎年、学園祭に合わせて展示会とOB会の宴会が開催されます。

091121-1.jpg 学園祭の展示室の風景です。標本中心の展示ですが、写真も若干展示されています。嬉しかったのは、1回生の会員もおられて、標本を作成して展示されていたことです。若い方々にも蝶に興味を持ってほしいですね。

091121-2.jpg 一般の来場者に若手の会員が説明しているシーンです。会場にいると、綺麗な蝶が展示してあるので、モノ珍しさに結構来場してくれます。

 現役生とOBとが一同に会するOB会、今年は、現役生のI君が幹事をしてくれました。(I君、いろいろとお疲れ様でした。来年、後輩に引き継いで下さいね)

091121-3.jpg 現役生とOBとで合計30人が鍋を囲みました。各自の自己紹介・近況報告や蝶の標本の回覧などで盛り上がっています。

091121-4.jpg 昨年から、宴会中にPCを使ってのプレゼンテーションという出し物を導入しています。韓国のゼフィルスについてのKさんの報告シーンです。この後、とてもネット上では公開できないような凄い写真が・・・(笑)

 宴会後、遠方からの参加者は、会場でそのまま合宿です。私は近所なのですが、腰を据えて飲んで話をするために、合宿に参加です。

091121-5.jpg 「ダバダが飲みたい」というメンバーがいたので、飲みかけで2/3ほど残っていた一升瓶を持ち込んだら、クイックで空になりました。(また買いにいかなあかんなぁ〜)酒を交わしながらの蝶談議は最高ですね。

091121-6.jpg 私は、ダバダはいつも飲んでいるので、メンバーが持ち込んだ「壱岐の華(昭和仕込み)」で数献に及びました。この麦焼酎、独特のインパクトがありますね。とってもお気に入りになりました。

 皆さん、お疲れさまでした〜蝶も研究会も絶滅することなく、末永く繁栄するとえぇですね。
posted by kenken(管理人) at 17:17| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする