2009年11月10日

和歌山再遠征(2009年11月7日)

 1つ前の記事で「今シーズン最後?の遠征」って書いておりましたが、「?」を付けておいて良かったです。(笑)
 11/7(土)は仕事の予定でしたが、前日11/6になって突如予定が変わりました。ボスから「明11/7は出勤しなくてもかまへんよ」とのお言葉。加えて、妻から「明11/7は学生時代の知人と外食することになったので、晩ご飯なしです」とのメール。すかさず和歌山の天気予報を見ると「立冬とは思えない陽気で、降水確率0%」。あっと言う間に「和歌山再遠征」の条件が揃いました。行くしかないでしょう。
 狙いはもちろん、迷蝶ではなくて、ルーミスシジミの開翅画像です。実は、前回の遠征で「樹上から降りてきて開翅するならここだろう」と思われる場所が数ヶ所ありまして、前回は、そのうちの1ヶ所でうまく撮影できたのですが、残りの場所が気になっていました。今回は、前回とは違う場所で待ってみました。

091107-2.jpg091107-3.jpg 予想どおり樹上からルーミスが降りてきてくれました!目の高さの葉上に静止したので、まずは翅裏写真を撮ろうとカメラを向けましたが、1枚撮ったところで、すぐに開翅しました。

091107-5.jpg091107-4.jpg 最も低い位置としては、胸の高さのアラカシの葉上に静止です。お気に入りの「翅表と翅裏を同時に」写し込みながら、翅裏のルーミスっぽさも表現しようと、日中高速シンクロでストロボ焚いてみたら、雰囲気の出た写真が撮れました。(左写真)この個体、後翅のコバルト・ブルーも結構大きいようですね。(右写真)

091107-1.jpg 翅裏もきちんと表現しておきましょう。こんな感じです。個体変異もあるでしょうが、房総半島の個体に比べると、やや黒い印象のする紀伊半島のルーミスです。

 最も低い位置で、胸の高さの葉上での静止、脚立があれば上から見下ろす感じのえぇ絵が撮れたでしょう。今回の走行距離606km。
 実は、まだ他にも降りてきそうな場所がありまして、次回は脚立を担いで・・・なかなか「今シーズン最後の遠征」になりませんな。(笑)
posted by kenken(管理人) at 00:50| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする