2009年08月26日

東海・信越、どこへ行こう(その4)(8月8日〜8月10日)

 連載記事、結論は1つ前の記事で書きましたが、最終回「その4」を書いておきましょう。
 8/9、最後に取り組んだ課題は「アカセセリをアカセセリと分かるように撮る」です。しかし、取り組んでみると、これが意外と難しい・・・

090826as1.jpg アカセセリ♂です。コキマダラセセリとちゃうんかい?って突っ込みが入りそうですが、前翅表の性標には、アカセセリの特徴である銀色の鱗粉が乗っていることを目視で確認しての撮影です。しかし、写真にしてみると、なんともその特徴がきちんと表現できないもんですなぁ〜この個体、やや飛び古していて、銀色が薄くなっていましたしね。

090826as2.jpg090826as4.jpg アカセセリ♀です。こちらも、コキマダラセセリとちゃうんかい?っ突っ込み入れられると、写真だけ完全な同定根拠を述べるのは難しいかなとセセリが苦手な私は感じています。

090826as3.jpg さらに、こんな感じで、園芸種っぽい花で複数吸蜜していると、お前ら、ホンマにアカセセリやろなっ?って感じてしまいますね。(笑)
 アカセセリをアカセセリと分かるように生態写真で撮る・・・これは、来シーズンへの継続課題にしたほうが良さそうですね。その際には、久しぶりに、ヒメヒカゲやコヒョウモンモドキの撮影も兼ねて、T高原でも訪れてみようかなと考え始めました。
 今回の撮影行では、セセリを同定できるように生態写真で撮ることは、なかなか難しいということを再認識させられました。

 さて、以前の記事で、皆さんに同定依頼したセセリ、私はスジグロチャバネセセリの♀だと考えています。決して、それが正しいと言い切るものではありませんが、何十年も前から見慣れて頭にインプットされている図鑑の解説から、パッと見に従って、そう思うのであります。

090826ssr.jpg090826ssk.jpg 同定依頼した写真を拡大トリミング&左右反転して、その図鑑のスジチャ、ヘリチャの相違図と対比できるようにして再掲載いたしますね。
 皆さん、改めて、セセリの同定、いかがですか?

 8/8〜8/10の総走行距離730km。【おしまい】

----【以下、2009-8-27追記】----
090826as6.jpg 野菊にセセリ、いずれも、もう少し特徴を写し込むことのできた、コンデジによる画像を追加でUPしておきましょう。とても人為的な香りのする野菊ですね。

posted by kenken(管理人) at 20:32| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする