2009年08月17日

東海・信越、どこへ行こう(その2)(8月8日〜8月10日)

 長野県内の道の駅で8/8夜の天気予報と相談した結果、8/9は、視野に入れていた新潟県撮影遠征は控えて、長野県内で、昨夏撮りそびれた次の「3つの課題」に取り組むことにしました。
・きちんとミヤマカラスシジミを撮る
・チャマダラセセリの吸蜜画像を撮る
・アカセセリをアカセセリと分かるように撮る
 ちなみに、8/8夜の天気予報によると、8/9は、新潟県はお天気悪く、長野県は午前中はなんとかお天気持つとのことで、時間との勝負となりそうでした。

 まず、1つめの課題「きちんとミヤマカラスシジミを撮る」です。昨夏は、まったく別種の探索途上にたまたまミヤマカラスシジミに出逢い、慌てて吸蜜シーンを証拠写真的に撮りました。その画像、ほったらかしにしていて、シーズン・オフにUPしたところ、「こんな絵を隠していたのですね!」なんてコメントいただいたので、じっくり撮ってみたかったのです。

090815mk2.jpg090815mk1.jpg 時期遅れではありましたが、♀はびっしり縁毛の揃った新鮮な個体がおりました。カラスシジミ属らしい傾斜日光浴です。左右の写真は同じシーンですが、左のコンデジGX100画像のほうが雰囲気がよく出ています。やっぱしシジミチョウ科の蝶は、2本の尾状突起の先の白がえぇもんですなぁ。

090815mk3.jpg090815mk4.jpg 昨夏はヒメジョンでの吸蜜写真を証拠写真的に慌てて撮ったのですが、今回は新鮮な個体を選んで追いかけて、吸蜜シーンをじっくり撮影しました。2枚共に、とてもお気に入りの画像です。

090815mk5.jpg ♂の吸蜜写真です。翅裏からでも性標が分かりますね。ですが、さすがに時期遅れで、♂はスレ個体ばかりでした。新鮮な♂の撮影は来夏の課題にして切り上げ、次の課題に転戦しましたが、次第にお天気悪くなり、どんよりした曇りになってきました。マズイな・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 17:17| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする