2009年08月03日

近所の「立ち呑み屋」(2009年7月30日)

 8/1〜8/2の週末は、仕事とお天気の都合で、どこにも蝶撮影には出かけておりません。
 え〜、こういう時は、お酒の話題に限りますね。(笑)去る7/30、近所の米・酒屋「まつがさき商店」に立ち呑みに行ってきたのでレポートしましょう。昼間は酒と米の配達・販売で、夜は立ち呑み屋というお店です。普段、酒を時々買っているのですが、立ち呑みに行ったのは、この日が初めてです。

090730-01.jpg メニューはこんな感じで、一杯\250からの立ち呑みです。(とは言っても、簡単なイスに座って飲むのですが。)生ビールもあったので、まずは生ビールから入りました。

090730-02.jpg090730-03.jpg こんな感じの大きな冷蔵庫があって、旨そうな酒類が並んでいます。どれもでも一杯から注文できます。おつまみは、こんな感じの缶詰とかを注文します。こちらも、一缶\250からです。

090730-04.jpg090730-05.jpg ビールでのどを潤した後、日本酒は滋賀県の「喜楽長・辛口純米吟醸」から入ってみました。こんな感じでマスターがグラスになみなみとついでくれます。(喜)なんとも私好みのえぇお味のお酒です。自家製のぬか漬けも最高でした。

090730-06.jpg090730-07.jpg 栃木県の「大那・純米吟醸(酒米:五百万石)」に栃木県「澤姫・純米吟醸」と続けていきます。「ああっ、もう幸せ!」って感じのお味のお酒の連発です。(嬉)

090730-08.jpg こんな感じで、しこたま食べて呑んでしまいました。途中、何かもう一銘柄の日本酒を飲んだような気がするのですが、記憶が・・・(爆)

090730-09.jpg090730-10.jpg そろそろ仕上げということで、発泡性の日本酒「丹後スカッシュ」をいただきました。めちゃくちゃ新鮮なお味のお酒ですね。この季節のみに入手できる珍しい一品とのことでした。

090730-12.jpg 最後に、デザート代わりに柚子味の「大那」をいただきました。柚子の味が濃く、これまた最高!
 家までの帰り道、歩きだすと足元がおぼつきません・・・考えると、ビール1杯に日本酒6合以上呑んでるんですね・・・
 とにかく、このお店、ホンマに最高でした。
 京都に遊びに来られる酒好きの皆さん、是非一緒に行きましょうね。
----【以下、2009-8-3追記】----
090803-1.jpg090803-2.jpg nomusanさんに敬意を表して、この立ち呑み屋さんで購入した佐賀県の「天吹」もUPしておきましょう。
 これは自宅の冷蔵庫に冷えている「天吹・純米吟醸・いちご酵母」です。この蔵元は、いろんな「花酵母」でお酒を造っておられます。「なでしこ酵母」の純米吟醸もお奨めでっせ。

posted by kenken(管理人) at 00:30| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする