2009年08月26日

東海・信越、どこへ行こう(その4)(8月8日〜8月10日)

 連載記事、結論は1つ前の記事で書きましたが、最終回「その4」を書いておきましょう。
 8/9、最後に取り組んだ課題は「アカセセリをアカセセリと分かるように撮る」です。しかし、取り組んでみると、これが意外と難しい・・・

090826as1.jpg アカセセリ♂です。コキマダラセセリとちゃうんかい?って突っ込みが入りそうですが、前翅表の性標には、アカセセリの特徴である銀色の鱗粉が乗っていることを目視で確認しての撮影です。しかし、写真にしてみると、なんともその特徴がきちんと表現できないもんですなぁ〜この個体、やや飛び古していて、銀色が薄くなっていましたしね。

090826as2.jpg090826as4.jpg アカセセリ♀です。こちらも、コキマダラセセリとちゃうんかい?っ突っ込み入れられると、写真だけ完全な同定根拠を述べるのは難しいかなとセセリが苦手な私は感じています。

090826as3.jpg さらに、こんな感じで、園芸種っぽい花で複数吸蜜していると、お前ら、ホンマにアカセセリやろなっ?って感じてしまいますね。(笑)
 アカセセリをアカセセリと分かるように生態写真で撮る・・・これは、来シーズンへの継続課題にしたほうが良さそうですね。その際には、久しぶりに、ヒメヒカゲやコヒョウモンモドキの撮影も兼ねて、T高原でも訪れてみようかなと考え始めました。
 今回の撮影行では、セセリを同定できるように生態写真で撮ることは、なかなか難しいということを再認識させられました。

 さて、以前の記事で、皆さんに同定依頼したセセリ、私はスジグロチャバネセセリの♀だと考えています。決して、それが正しいと言い切るものではありませんが、何十年も前から見慣れて頭にインプットされている図鑑の解説から、パッと見に従って、そう思うのであります。

090826ssr.jpg090826ssk.jpg 同定依頼した写真を拡大トリミング&左右反転して、その図鑑のスジチャ、ヘリチャの相違図と対比できるようにして再掲載いたしますね。
 皆さん、改めて、セセリの同定、いかがですか?

 8/8〜8/10の総走行距離730km。【おしまい】

----【以下、2009-8-27追記】----
090826as6.jpg 野菊にセセリ、いずれも、もう少し特徴を写し込むことのできた、コンデジによる画像を追加でUPしておきましょう。とても人為的な香りのする野菊ですね。

posted by kenken(管理人) at 20:32| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

行き先変更、北陸スクランブル(8月12日)

 連載中の「東海・信越、どこへ行こう(8月8日〜8月10日)」シリーズ、いったん中断しますね。(あまりに長いし)結論から言いますと、8/9、チャマダラセセリの撮影後、アカセセリを含めて各種セセリ類を撮影しました。その後、長野県内で8/9夜のNHKニュースの天気予報を見て、翌8/10は大雨で撮影不適と判断し、脱兎の勢いで移動して8/10未明に帰宅したのでした。実際、8/9夜〜8/10は、兵庫県佐用町で豪雨災害のあった時で、帰路途上も激しい雨に遭遇しました。
 8/10、8/11、のんびりと近場の温泉めぐりなど家族サービスして英気を養った後・・・

----------
 台風による大雨が去った8/12からは、改めて信州方面へ「ブルーなシジミ」の撮影をメインに出直そうと計画しましたが、なんと!8/11、地震で東名高速崩落して通行止めとのこと。迂回車で中央道が渋滞するかもしれんな・・・ということで、8/12は、急遽、予定変更して、渋滞の心配のない北陸道を利用して「オレンジなシジミ」を日帰りで探索/撮影することにしました。
 やって来たのは石川県。ちょっと時期遅れかなと思ってましたが、意外と新鮮なムモンアカシジミがおりました。ラッキーなことに、超新鮮な♀が目の前まで降りてきてくれました。この♀、左右の写真を見比べてもらうとよく分かりますが、シジミチョウ科特有の後翅のすり合わせ行動を披露してくれました。

090820mm1.jpg090820mm2.jpg 右写真は最高にお気に入りの1枚です。後翅のすり合わせ行動の間に、普段は後翅で隠されていて目につかない前翅裏下部が見えたのですが、この部分、周囲の独特のオレンジ比べて「清廉な白さ」がありますね。日焼けした素肌に白い水着の跡を見たようなインパクトがあり、大いにそそられましたね。(笑)
 何度も書きますが、シジミチョウ科のチョウは、2本の尾状突起の先端の白を表現すると美しさがさらに映えますなぁ。

090820mm3.jpg 葉上に静止しているので見守っていると、蟻やバッタがやってきました。面白いことに、蟻がムモンにちょっかいをかけ始め、それをふり払うかのように開翅し始めました。蝶に蟻にバッタ、被写界深度を深めにして事実を正確に記録しようと、カメラの設定を絞り優先からプログラムモードに切り替えて撮ったのがこの絵です。

 その後、開翅モードに入りかけているこの♀の全開翅をカメラを構えて待ちましたが、なんと!探雌に飛来した♂にからまれて樹上へ上がっていってしまいました。

090820mm5.jpg090820mm4.jpg そんでもって、なんと!樹上で交尾する始末です。うおおぉ〜綺麗な♀の開翅シーンを撮ろうと待っていたのにぃ・・・この♂には、「オレが見つけた水着の跡の眩しいおねぇ〜さんに何してくれよんねん!」って、マジむかつきました。(爆)
 その後、樹上を飛び回るムモンを見るものの、降りてくる気配がまったく感じられなくなったので、撮影は切り上げて帰路に着きました。この日、花は多く見かけたのですが、吸蜜シーンは見れませんでしたね。もう1度観察/撮影に来なあかんな・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 19:40| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

東海・信越、どこへ行こう(その3)(8月8日〜8月10日)

 8/9、午前中早めの時間帯に、この日の1つめの課題「きちんとミヤマカラスシジミを撮る」を首尾よくクリアできて「保険がかかった」状態になったので、楽な気分で2つめの課題「チャマダラセセリの吸蜜画像を撮る」に転戦しました。

 ところで、念のために、繰り返し、書いておきますが、
 「開田高原のチャマダラセセリ」と「高ボッチ高原のヒメヒカゲ」は、いずれも、「長野県希少野生動植物保護条例」で地域指定された個体群で、許可なく捕獲等を行うことはできません。(平成18年3月30日付け長野県報第1748号参照)
 蝶愛好家の皆さん、開田のチャマダラセセリ、高ボッチのヒメヒカゲ、採らずに撮って、愛して下さいね。


 う〜ん、しかし、チャマダラセセリ、探索すれどもさっぱり見かけません・・・途中、ネットを持った方にも遭遇したので話を聞きましたが、まったく見ないとのことでした。なお、「チャマダラセセリについては条例で採集禁止になっているので、見かけても採集しないで下さいね」とお伝えしたところ、「承知していますよ」とのお返事でした。

090817ch1.jpg 数時間の探索後、厚い雲がかかり遠くで雷鳴が聞こえ始め、こりゃもうあかんな・・・とあきらめかけた頃、目視で1個体発見です!まずは、証拠写真を大切に撮影しておきました。新鮮で美しい個体ですね。

 昨夏はカンカン照りのお天気で吸蜜シーンにはお目にかかれませんでした。しかし、今回は、気温の高い曇天が、逆に、功を奏したようで、種々の花で吸蜜シーンを披露してくれました。

090817ch2.jpg 首をかしげるように口吻を伸ばしている可愛らしい吸蜜シーンです。直射日光が当たらないので、色表現もえぇ感じです。

090817ch3.jpg 撮影していると何度か見失いましたが、近くのヒメジョンの花を探すと吸蜜を継続していました。

 やや草丈のあるヒメジョンの花に飛び移ったので、キマダラルリツバメ撮影時に多用する「ノー・ファインダー(モニター)撮法」で広角画像を狙ってみたら、何枚か「当たり」がありました。

090817ch4.jpg090817ch5.jpg 左が一眼デジ+15mm Fisheye、右がコンデジGX100による絵です。特に、左の絵は、めちゃくちゃお気に入りの1枚です。
 これで、もう、夏型チャマダラセセリの撮影は「卒業」しても良いかもしれません。ちなみに、「卒業」とは、マイ師匠S氏の言葉をお借りすれば、「義務からの解放」という意味で、師匠によれば、私は、キマダラルリツバメ撮影は「卒業」しているとのことです。(笑)

 最後、とうとう見失ってしまいましたが、2つめ課題もクリアできたので、3つめの課題に転戦することにしました。ラッキーなことに若干お天気回復傾向で、曇りですが、しばらくは雨は降らない雰囲気になってきました。【続く】
posted by kenken(管理人) at 19:19| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

東海・信越、どこへ行こう(その2)(8月8日〜8月10日)

 長野県内の道の駅で8/8夜の天気予報と相談した結果、8/9は、視野に入れていた新潟県撮影遠征は控えて、長野県内で、昨夏撮りそびれた次の「3つの課題」に取り組むことにしました。
・きちんとミヤマカラスシジミを撮る
・チャマダラセセリの吸蜜画像を撮る
・アカセセリをアカセセリと分かるように撮る
 ちなみに、8/8夜の天気予報によると、8/9は、新潟県はお天気悪く、長野県は午前中はなんとかお天気持つとのことで、時間との勝負となりそうでした。

 まず、1つめの課題「きちんとミヤマカラスシジミを撮る」です。昨夏は、まったく別種の探索途上にたまたまミヤマカラスシジミに出逢い、慌てて吸蜜シーンを証拠写真的に撮りました。その画像、ほったらかしにしていて、シーズン・オフにUPしたところ、「こんな絵を隠していたのですね!」なんてコメントいただいたので、じっくり撮ってみたかったのです。

090815mk2.jpg090815mk1.jpg 時期遅れではありましたが、♀はびっしり縁毛の揃った新鮮な個体がおりました。カラスシジミ属らしい傾斜日光浴です。左右の写真は同じシーンですが、左のコンデジGX100画像のほうが雰囲気がよく出ています。やっぱしシジミチョウ科の蝶は、2本の尾状突起の先の白がえぇもんですなぁ。

090815mk3.jpg090815mk4.jpg 昨夏はヒメジョンでの吸蜜写真を証拠写真的に慌てて撮ったのですが、今回は新鮮な個体を選んで追いかけて、吸蜜シーンをじっくり撮影しました。2枚共に、とてもお気に入りの画像です。

090815mk5.jpg ♂の吸蜜写真です。翅裏からでも性標が分かりますね。ですが、さすがに時期遅れで、♂はスレ個体ばかりでした。新鮮な♂の撮影は来夏の課題にして切り上げ、次の課題に転戦しましたが、次第にお天気悪くなり、どんよりした曇りになってきました。マズイな・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 17:17| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

東海・信越、どこへ行こう(その1)(8月8日〜8月10日)

 お盆休み、皆さんいかがお過ごしですか?お天気が良いと撮影に出かけてパワーを使いきるので、ブログ更新のんびりしておりますこと、ご容赦下さい。本日8/14は、久々に自宅でのんびりと完全休養して、文字通り「お盆休み」しております。
----
 夏のシジミチョウたちや夏のセセリチョウたちの撮影をもくろんで、遠くは新潟県を視野に入れながら、8/8出発〜8/10帰着で撮影に出かけてきました。
 まずは、8/8撮影の印象に残る写真をUPします。

 どこへ行こうか、出発後も迷いながら走って、早朝に訪れたのは岐阜県のムモンアカシジミの既知生息地。4年ぶりの訪問、探索です。

090814mm2.jpg090814mm1.jpg ちょっと時期遅れなのかなぁ〜降りてきてくれたのは、こんな欠け個体でしたが、大切に撮影しました。まったく同じシーンで、左がコンデジGX100、右が一眼デジ90mmMACROでの画像です。
 同日、午後には、長野県のムモンアカシジミの既知生息地も訪れ、飛翔する時間帯などを観察しながら、今後の探索/撮影に活かそうと、ムモンアカシジミの生息環境をじっくりと自分の目で再確認しておきました。

 さて、すんません、セセリが苦手な私です。
 突然ですが、このセセリの同定をお願いします。


090814ssr1.jpg090814ssr2.jpg 長野県内での撮影です。パッと見、スジグロチャバネセセリおった!って喜んで撮影したところ、おっ、こいつ♀か?ヘリグロチャバネセセリか?ってな感じで分らなくなってしまいました〜 何卒よろしくお願いいたします。

 この日は、日帰り温泉で汗を流した後、長野県内の「道の駅」で車中泊することにしました。お天気が微妙だったので、19:00からのNHKテレビニュースの天気予報と相談して翌8/9に新潟県の山奥まで足を伸ばすか否かを決めようと考えたのでした。【続く】
posted by kenken(管理人) at 12:58| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

九州遠征(追補・続)(2009年7月3日〜7月6日)

 ここのところ、食べ物や酒ネタが続いておりまして、ここは、なんのブログや?って声も聞かれそう・・・このブログは蝶のブログです!(笑)
 なので、間違われないように、蝶の記事を書いておきましょう。去る7/3〜7/6の熊本県撮影遠征時の蝶写真を少し追加掲載しますね。

090804-5.jpg オオウラギンヒョウモン、もう♂はスレ、欠け個体ばかりでしたが、♀は綺麗な個体が飛んでいたので、♀中心に撮影しました。広角で草原の雰囲気も入れての15mm Fisheye画像です。トリミングしてありますこと、ご容赦下さい。まあ有名な場所で、気遣いは無用かもしれませんが、nomusanさんに情報提供いただいたこともあり、ノー・トリミングで掲載すると、あまりに場所があらわで・・・

090804-4.jpg 翅裏もマクロできちんを描写しておきました。新鮮なハートマークに胸がときめきましたね。自分も含めて、今後、撮影に行かれる方へのアドバイスですが、吸蜜時の翅裏写真の撮影は比較的容易ですが、この地は風が強く、翅表を撮ろうと狙っても、なかなか思うように撮れないもんです。来シーズン以降、♂は新鮮な時期に撮り直しに行かんとあかんな・・・

 オオウラギンの舞う草原、ふと気がつくと、足元に超新鮮なミヤマチャバネセセリがおりました。

090804-1.jpg090804-2.jpg

090804-3.jpg 地元ではなかなかお目にかかれない蝶なので、オオウラギンそっちのけで追いかけて撮ったりしてました。セセリにはマクロよりもFisheyeで被写界深度深く撮ると全体が表現できてえぇもんです。

 最後に、セセリつながりで、まったくの別のお話しですが、少し「告白」しておきましょう。昨年のちょうど今頃のお話しです。
 兵庫、岡山、長野の3県でホシチャバネセセリを探索・撮影して気分を良くした私は、岐阜県でもホシチャ撮れるんちゃうか・・・なんて考えて、クソ暑い中、岐阜県の草原を数箇所探索しておりました。結果は・・・想像のとおりでありましたが、ルリシジミ(やっぱしゴマとはちゃうわな)やホソバセセリ(ホシチャおった!と思ったのに)に胸ときめかせました。
 この日のことは、当時のブログ記事には未掲載ですが、「探索心」は「蝶屋」である限り、持ち続けねばならないと考えている私であります。(ふ○み○さんには敵いませんが)

posted by kenken(管理人) at 17:17| Comment(34) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

近所の「立ち呑み屋」(2009年7月30日)

 8/1〜8/2の週末は、仕事とお天気の都合で、どこにも蝶撮影には出かけておりません。
 え〜、こういう時は、お酒の話題に限りますね。(笑)去る7/30、近所の米・酒屋「まつがさき商店」に立ち呑みに行ってきたのでレポートしましょう。昼間は酒と米の配達・販売で、夜は立ち呑み屋というお店です。普段、酒を時々買っているのですが、立ち呑みに行ったのは、この日が初めてです。

090730-01.jpg メニューはこんな感じで、一杯\250からの立ち呑みです。(とは言っても、簡単なイスに座って飲むのですが。)生ビールもあったので、まずは生ビールから入りました。

090730-02.jpg090730-03.jpg こんな感じの大きな冷蔵庫があって、旨そうな酒類が並んでいます。どれもでも一杯から注文できます。おつまみは、こんな感じの缶詰とかを注文します。こちらも、一缶\250からです。

090730-04.jpg090730-05.jpg ビールでのどを潤した後、日本酒は滋賀県の「喜楽長・辛口純米吟醸」から入ってみました。こんな感じでマスターがグラスになみなみとついでくれます。(喜)なんとも私好みのえぇお味のお酒です。自家製のぬか漬けも最高でした。

090730-06.jpg090730-07.jpg 栃木県の「大那・純米吟醸(酒米:五百万石)」に栃木県「澤姫・純米吟醸」と続けていきます。「ああっ、もう幸せ!」って感じのお味のお酒の連発です。(嬉)

090730-08.jpg こんな感じで、しこたま食べて呑んでしまいました。途中、何かもう一銘柄の日本酒を飲んだような気がするのですが、記憶が・・・(爆)

090730-09.jpg090730-10.jpg そろそろ仕上げということで、発泡性の日本酒「丹後スカッシュ」をいただきました。めちゃくちゃ新鮮なお味のお酒ですね。この季節のみに入手できる珍しい一品とのことでした。

090730-12.jpg 最後に、デザート代わりに柚子味の「大那」をいただきました。柚子の味が濃く、これまた最高!
 家までの帰り道、歩きだすと足元がおぼつきません・・・考えると、ビール1杯に日本酒6合以上呑んでるんですね・・・
 とにかく、このお店、ホンマに最高でした。
 京都に遊びに来られる酒好きの皆さん、是非一緒に行きましょうね。
----【以下、2009-8-3追記】----
090803-1.jpg090803-2.jpg nomusanさんに敬意を表して、この立ち呑み屋さんで購入した佐賀県の「天吹」もUPしておきましょう。
 これは自宅の冷蔵庫に冷えている「天吹・純米吟醸・いちご酵母」です。この蔵元は、いろんな「花酵母」でお酒を造っておられます。「なでしこ酵母」の純米吟醸もお奨めでっせ。

posted by kenken(管理人) at 00:30| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする