2009年07月14日

吾再々度撮影成功黒日陰擬開翅的場面(2009年7月6日)

 7/11〜7/12の週末は、日〜月と仕事で東京出張しておりまして、恒例の兵庫県のウスイロヒョウモンモドキの観察会は欠席してしまいました。
 ひょっとしたらお目にかかれるかと思っておられた皆さま、申し訳ございませんでした。
 以下、まだ、先週の記事が続きます。
----
 勝負を賭けた九州撮影遠征、予想以上の成果があったので、予定を早め、徹夜で走って7/6(月)早朝に帰ってきました。実は、7/6(月)、仕事はお休みにしてありまして、某蝶の撮影が叶わなければ、まだ九州に居残っていたでしょう。(笑)帰宅後、写真のバックアップ、遠征中にたまっていたメールの返信などして、雨が降り出したことを確認して安心?して5:00頃には寝たのですが、ふと気が付くと、なかなかえぇ感じのお天気になっています。
 行くしかないでしょう!京都府南部〜滋賀県南部へスクランブルです。

090706-k1.jpgshikiri105.jpg おりました、おりました、クロヒカゲモドキ!こいつね、何度も書きますが、生息環境の暗さ、下草の遮り、藪蚊攻撃、蜘蛛の巣攻撃の4重苦で、こんなふうに真横からフラットに撮るのめちゃくちゃ難しいんですわ。皆さんも、是非チャレンジして下さいな。

090706-k2.jpgshikiri105.jpg ここ数年、被写体の気持ちが分かるようになって、♂の開翅は撮れるようなりました。昨年の写真の個体よりも新鮮で、縁毛も揃ってます。暗いので、ISO800設定での撮影です。その分、ちょっと画質が荒いかな。翅表のビロード感を味わっていただけると幸いです

090706-k3.jpgshikiri105.jpg 15mm Fisheye画像です。藪の中まで追いかけて行きました。これね、暗さといい、木洩れ日といい、生息環境がめちゃくちゃ忠実に表現できて、最高にお気に入りの写真だったりします。
 はぁ〜、それにしても、さすがに疲れた7/3〜7/6の撮影行でした。
posted by kenken(管理人) at 12:30| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする