2009年07月01日

ゼフィルス撮影は難しい・・・(2009年6月27日)

 ここのところ仕事が忙しく、亀ブログ更新状態です。(笑)
 さて、先週末は、ゼフィルスたちと戯れようと、北陸遠征してきましたが、今年は不作なのかなぁ〜、それとも前回記事同様に撮影センスがないのかなぁ〜あまり良い写真は撮れませんでした。

090627-1.jpg090627-2.jpg 毎年チャレンジしているヒサマツ君、独特の金緑色に超長い尾状突起とその先端の白が最高なんですが、いかんせん、遠い位置に、しかも一瞬だけのテリでした。腹をくくって崖を登って斜め上に回り込んだ際には、もういませんでした・・・(大涙)

090627-3.jpg090627-4.jpg ヒサマツ君がテリを張る時間帯には雲がかかって暗くなってしまいました。こういう天気になると、エゾ君がテリ張ってくれます。やはり、おりました。ヒサマツ君もこんな位置でテリ張ってくれるとえぇねんけどなぁ〜

 てなわけで、今回、ゼフィルス撮影はいまいちの結果でしたが、印象に残る「蛾」を2種撮影することができたので、お目にかけましょう。

090627-6.jpg カエデにミスジチョウを探していると、ミスジチョウよりひと回りくらい大きい美麗な蛾がとまっていました。初めて見る蛾で、種名は不明です。どなたか種名がお分かりであれば、ご教示下さい。

090627-5.jpg こちらはヒトツメカギバですね。なぜ種名が分かるかって?実は、この蛾を見た瞬間に、30数年前の中学生時代に購入した「日本昆虫分類図説」という図鑑のカラープレートを思い出したからです。10代の頃の記憶は、今でも実にクリアで、消えないもんですわ。

090627-7.jpg090627-8.jpg その図鑑、探してみると、ちゃんと今でも家にありました。この図鑑を持っているのは、私が元オサムシ屋だった証明でもあります・・・って、書いてもオサムシ屋以外の方には分らんやろなぁ〜(笑)

 特定のゼフィルスを狙って出かけても、どうも慣れないことをするとあきません。簡単には、えぇ写真は撮れないもんです。この日の走行距離609km。
 次の撮影は、ゼフィルス以外にしよう・・・
----
 最初の蛾は、「キマダラオオナミシャク」と分りました。メールでご教示いただいたTさん、有り難うございました。(2009年7月3日 追記)

posted by kenken(管理人) at 19:52| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする