2009年04月19日

東海地方・北陸地方探索(2009年4月18日)

 今シーズンは、ギフチョウの発生が早いですねぇ〜 発生の遅い地域でももう発生しているだろうと、東海地方〜北陸地方と、来シーズン以降の撮影の下見も兼ねて、これまで訪れる機会のなかった地域をまわってみました。

◆まずは1箇所目、東海地方は岐阜県からスタートです。しかし、フィールドで撮影準備し始めると、なんと、迂闊にも、外付けストロボをリュックに入れ忘れていることに気づきました。まだ、ストロボを使うということ自体に慣れていませんね。(笑)
09041802.jpg09041801.jpg なので、自然光での撮影です。朝の早い時間帯、いきなりえぇ感じで自然光で撮れました。しかし、この後、あっと言う間に気温がぐんぐん上がって、ギフチョウの飛翔を見るばかりで、撮影はさっぱりです。午前中の遅い時間帯、ようやく、やや涼しい木漏れ日の陽だまりで静止シーンが見られました。ストロボがあったら、もうちょっと良い写真撮れたかなぁ・・・後翅に、この地域の特徴が感じられる個体(特に写真左)ではないでしょうか。いずれも、15mm Fisheye での画像です。

◆午後になって、2箇所目、北陸地方は福井県の高標高地を訪れてみました。ギフチョウは3個体ほど見かけましたが、撮影には至りませんでした。(涙)
09041803.jpg カタクリが良い感じで咲いている場所を見つけましたが、既に陽が傾いていて、タイムアップですね。まあ、来シーズンの撮影の下見ということにしておきましょう。カンアオイとカタクリは写真に収めておきました。

 写真はほとんど撮れませんでしたが、晴天のフィールドでギフチョウと遊べたので良しとしましょう。この日の移動距離467km。
posted by kenken(管理人) at 18:12| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする