2009年04月14日

北陸遠征第2弾(2009年4月11日・その2)

 え〜、少し思うところがありまして、シーズン前に外付けのストロボを購入しております。今回の撮影から実践テスト投入してみました。
 ストロボ使用画像の中から、お気に入りの2枚をお目にかけましょう。

090413gm1.jpg 産卵行動中に下草で休憩している♀です。やや木陰なので、ストロボを焚いてみました。なかなかギフチョウの色が際立ってえぇもんですね。
レンズ:90mm Macro、Tv:1/400、Av:4.0、評価測光、露出補正:-2/3、ISO100、ストロボ:発光、調光補正:0

090413gk1.jpg カタクリでの♂の吸蜜シーンです。この日、最も狙っていた画像ですが、鮮度の良い♂が少なく、2チャンスあったうちの1コマです。
 日中ハイスピードシンクロ(昼間に高速のシャッタースピードに同調させてストロボ発光させる)で青空が奇麗に表現できました。この日、最もお気に入りの絵なので、かなり大きめのサイズでUPしてあります。フィールドの雰囲気を感じ取っていただけると幸いです。
レンズ:15mm Fisheye、Tv:1/320、Av:13.0、評価測光、露出補正:-2/3、ISO400、ストロボ:発光、調光補正:-2

 「その3」では、♀の産卵シーンに迫りましょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 00:01| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする