2009年04月19日

東海地方・北陸地方探索(2009年4月18日)

 今シーズンは、ギフチョウの発生が早いですねぇ〜 発生の遅い地域でももう発生しているだろうと、東海地方〜北陸地方と、来シーズン以降の撮影の下見も兼ねて、これまで訪れる機会のなかった地域をまわってみました。

◆まずは1箇所目、東海地方は岐阜県からスタートです。しかし、フィールドで撮影準備し始めると、なんと、迂闊にも、外付けストロボをリュックに入れ忘れていることに気づきました。まだ、ストロボを使うということ自体に慣れていませんね。(笑)
09041802.jpg09041801.jpg なので、自然光での撮影です。朝の早い時間帯、いきなりえぇ感じで自然光で撮れました。しかし、この後、あっと言う間に気温がぐんぐん上がって、ギフチョウの飛翔を見るばかりで、撮影はさっぱりです。午前中の遅い時間帯、ようやく、やや涼しい木漏れ日の陽だまりで静止シーンが見られました。ストロボがあったら、もうちょっと良い写真撮れたかなぁ・・・後翅に、この地域の特徴が感じられる個体(特に写真左)ではないでしょうか。いずれも、15mm Fisheye での画像です。

◆午後になって、2箇所目、北陸地方は福井県の高標高地を訪れてみました。ギフチョウは3個体ほど見かけましたが、撮影には至りませんでした。(涙)
09041803.jpg カタクリが良い感じで咲いている場所を見つけましたが、既に陽が傾いていて、タイムアップですね。まあ、来シーズンの撮影の下見ということにしておきましょう。カンアオイとカタクリは写真に収めておきました。

 写真はほとんど撮れませんでしたが、晴天のフィールドでギフチョウと遊べたので良しとしましょう。この日の移動距離467km。
posted by kenken(管理人) at 18:12| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

北陸遠征第2弾(2009年4月11日・その3)

 先の画像で♂の撮影は切り上げて、ひたすら♀を探しては追いかけて、産卵シーンを狙ってみました。

090415gs1.jpg 周囲がごちゃついた場所のカンアオイへ産卵するケースばかりで、なかなか撮影難しいもんです。白い卵と成虫全体の両方を表現したいもんですが、尾突までは表現できませんね。

090415gs2.jpg 前翅表の黄色い部分の紋様からもお分りのように、上の写真とは違った♀の産卵シーンです。産卵後に数えてみたら、13卵が産付されていました。

090415gs3.jpg さらに別の♀の産卵シーンです。こちら、開けた斜面のカンアオイへの産卵だったので、15mm Fisheyeで背景の山や青空も写し込んでみました。日中ハイスピード・シンクロ試写でストロボを焚いてみたら、翅裏が綺麗に表現できました。これまた気に入りの1枚なので、大きめにUPしておきましょう。
シャッター速度:1/400、絞り:13.0、測光方式:評価測光、露出補正:-2/3、ISO感度:400、ストロボ:発光、調光補正:-2

 この日の走行距離473km。高速料金は往復で\2,000ポッキリと、財布に優しい撮影行でした。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 00:02| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

北陸遠征第2弾(2009年4月11日・その2)

 え〜、少し思うところがありまして、シーズン前に外付けのストロボを購入しております。今回の撮影から実践テスト投入してみました。
 ストロボ使用画像の中から、お気に入りの2枚をお目にかけましょう。

090413gm1.jpg 産卵行動中に下草で休憩している♀です。やや木陰なので、ストロボを焚いてみました。なかなかギフチョウの色が際立ってえぇもんですね。
レンズ:90mm Macro、Tv:1/400、Av:4.0、評価測光、露出補正:-2/3、ISO100、ストロボ:発光、調光補正:0

090413gk1.jpg カタクリでの♂の吸蜜シーンです。この日、最も狙っていた画像ですが、鮮度の良い♂が少なく、2チャンスあったうちの1コマです。
 日中ハイスピードシンクロ(昼間に高速のシャッタースピードに同調させてストロボ発光させる)で青空が奇麗に表現できました。この日、最もお気に入りの絵なので、かなり大きめのサイズでUPしてあります。フィールドの雰囲気を感じ取っていただけると幸いです。
レンズ:15mm Fisheye、Tv:1/320、Av:13.0、評価測光、露出補正:-2/3、ISO400、ストロボ:発光、調光補正:-2

 「その3」では、♀の産卵シーンに迫りましょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 00:01| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

北陸遠征第2弾(2009年4月11日・その1)

 少し時期遅れですが、北陸は、石川県までギフチョウ撮影の第2弾に遠征してきました。
 撮影地に到着すると、既に気温がかなり高く、複数のギフチョウが活発に飛翔していました。吸蜜に訪れる雰囲気がないので、いきなり飛翔写真で遊んでみることにしました。

090412g0.jpg う〜む、♂はやはり時期遅れで、占有している♂は、飛び古した個体が多いですねぇ〜ほとんどは、こんな感じの個体でした。尾状突起の2本揃った個体を探しながら飛翔写真を狙ってみましょう。

090412g1.jpg090412g2.jpg

090412g3.jpg これらの個体は、尾状突起が2本揃っているので、見栄えがします。活発に飛翔するので、カメラを両手で持って斜面を走りながら撮影するので、傾いた絵が多くなりました。カタクリの花は、満開を通りこして、しなびた花も見られました。

090412g4.jpg 飛翔写真を撮影していると、へなへなへなぁ〜と直線的に流れるように飛んでクヌギの樹幹に1頭静止しました。明らかに他の個体とは飛び方が異なります。うむ、♀ですね。しばらく見守っていましたが、放浪するように、どこかへ消えていきました。

 ♀の鮮度は良さそうです。♂の写真は適当に切り上げて、♀を中心に撮影したほうが良さそうですね。【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:02| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

撮影シーズン開幕

 ここのところ、「新入社員の飼育」が忙しく、動きが取りにくかったのですが、なんとかお休みとお天気がかみ合ったので、福井県低地へ日帰り遠征して、撮影シーズン開幕です。

090405-1.jpg なんちゅうことはないのですが、本2009年の初ギフ画像はこんな証拠写真でした。その年の初ギフの画像は、ちょっと緊張したりしますね。

090405-2.jpg 例によって、広角画像も貼っておきましょう。気温が高く、活動的なので、なかなかこんな感じの画像を撮るチャンスは訪れませんでした。もうちょっと寄れたらなぁ〜この画像の撮影直後、もう少し寄ろうとしたら、飛ばれてしまいました。午後からは青空も見えて、良いお天気でしたね。

090405-3.jpg ショウジョウバカマでの吸蜜画像を狙って、やってきそうな花の周囲の下草を掃除して待ったのですが、結局、掃除した花には訪れず、撮影し難いブッシュの中で吸蜜・・・5時間ほど待ち続けて、吸蜜シーンの撮影チャンスは、そうねぇ〜、数秒くらいでした。逆光下で、なかなか幻想的な絵になりましたが、う〜ん、横の小枝が目障りやなぁ〜(笑)

 ようやく、私も、撮影シーズン開幕しました。本日の走行距離294km。
posted by kenken(管理人) at 22:24| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする