2009年03月02日

第1回 関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い参加報告(2009年3月1日)

 3月1日(日)、チョウ類保全協会主催で兵庫県立人と自然の博物館(兵庫県三田市)で開催された「第1回 関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い」に参加してきました。
 プログラムは1つ下の記事のとおりですが、特に印象に残ったところをピックアップして紹介しましょう。

090301-1.jpg090301-6.jpg

090301-2.jpg090301-3.jpg

◆「シカの影響による環境変化」:これには驚かされました。今まで、そんなに気にしていませんでしたが、深刻な問題です。右上の兵庫県の図、色の濃いところは鹿密度の高いところで、食害の酷さと鹿密度はぴったり一致してましたね。食害の酷いところは、下草が食べつくされて裸地状になるか、鹿の好まない植物(例えば、イワヒメワラビ、ダンドボロギクなど)数種のみが覆い茂る貧粗な植生状況になるかのいずれかなんですね。そこでは、蝶の食草になりそうな植物はまったく見られません。食害地はどんどん広がってきていまして、蝶の生息には大変な脅威です。

090301-4.jpg◆「大阪南部のギフチョウ保全を考える」:大阪・奈良県境の葛城山のギフチョウの保全について、いろいろと討論がなされました。いなくならんうちに採集規制をかけて本格的な保全活動に着手する時期が来たと感じています。

090301-5.jpg◆集いの後、懇親会もありまして、最後まで参加してきました。蝶写真家のWさんも参加されていて、お目にかかるといつも2ショットを撮って遊んでしまいます。

 お目にかかってご挨拶させていただいた多くの方々にこの場を借りて御礼申し上げます。
posted by kenken(管理人) at 20:45| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする