2008年12月10日

母校の蝶類研究会(その2)(2008年11月22日)

 11/22(土)、母校の蝶類研究会の「蝶類展」を訪れた5つ前の記事の後編です。この日、私の目にとまった標本を数点撮影してきましたのでUPしておきましょう。

081122krt-1.jpg081122krt-2.jpg 和歌山県産らしいクロツバメシジミですが、ちょっとわけありな斑紋の標本を2つみつけました。

081122gf-1.jpg081122gf-2.jpg ギフチョウです。右後翅の橙斑が割れとりますな。大阪府内の有名なお山の個体です。

081122tbm.jpg こんなツバメシジミを生きた姿で撮ってみたいですね。開翅シーンで翅表と翅裏を同時に撮れたら、涙ちょちょぎれるでしょう。

 私、現在は「撮り屋」ですが、元々は「採り屋」でした。ついつい、ミーハーな所に目が行ってしまいますが、たまには標本を見るのもえぇもんです。
posted by kenken(管理人) at 20:07| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする