2008年12月05日

琵琶湖の南に・・・(2008年7月20日)

 シーズン・オフ企画が続きます。
 「豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、琵琶湖の南にウラナミジャノメという怪しい蝶が生息していた。それが年1化であるということを信じない者は、恐ろしい祟りに見舞われるという・・・」なんてフレーズに聞き覚えはありますか。(爆)

 ウラナミジャノメは、地域によって年1化のところと2化のところがある不思議な蝶であります。真夏の7月のくそ暑い時期にだけ年1化で出現する個体群は、鹿児島県、広島県、兵庫県、滋賀県、静岡県などの、いずれもごく限られた地域で知られています。

 滋賀県は、琵琶湖の南に年1化で7月に出現する個体群がおります。本2008年も7月20日に定点観察に訪れてみました。

081205unj1.jpg081205unj2.jpg う〜む、本年も健在でしたね。縁毛の具合から判断して、ここ数日以内に羽化した個体でしょう。しかし、なんちゅうか、撮影していても、とにかくたまらなく暑いです。

081205unj4.jpg081205unj3.jpg 僅かな時間でしたが、見事な開翅シーンを披露してくれました。師匠Sさんが得意とする片翅をフラットに撮る絵と私好みの翅表と翅裏を同時に撮る絵の両方を反射的に撮りました。

081205unj5.jpg 15mm Fisheye で開翅シーンの広角画像も撮ってみました。背景がなんとなく茶色っぽいのは、生息地が夏枯れ状態だからでしょう。ただ暑いだけの生息地、この日、ここでは、仮面の忍者はもとより、ウラナミジャノメ以外の蝶には、お目にかかることはありませんでした。
posted by kenken(管理人) at 22:52| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする