2008年10月16日

とことんシルビア(その2)(2008年10月13日)

 え〜、前回記事の後編です。
 昼食を取った権現湖PA、1週間前に訪れた際、ごみ箱の近くにヤママユガさんがいたので、今回もちょっと蛾さんを探してみました。

081013-10.jpg すると、この日は、トイレのタイル壁にこんな蛾さんがとまっておられました。全長10cmくらいでしょうか、結構大物です。蛾さんには疎いので、どなたか詳しい方、同定の書き込みをいただけると幸いです。
(オビガと判明しました。コメントいただいた中さん、有り難うございます。2008-10-17追記)
 昼食後は、兵庫県南部のシルビアシジミ生息地を何ヶ所か環境確認しながら、翅裏をメインに撮ってみました。

081013-20.jpg081013-30.jpg いずれも♀の翅裏です。この2頭は、まあまあ標準的な「顔」でしょう。

081013-40.jpg081013-50.jpg この2♀の翅裏は、個体変異というよりも、異常型っぽいですな。
 左の個体、ススでもついたかのように斑紋が過剰です。キマダラルリツバメでも、こんなススけた過剰紋の個体の写真を見たことがありますね。
 右の個体、逆光の中でファインダー越しに、これはなんと重量感のある翅裏の斑紋やろっ!って感じました。ゴイシシルビアシジミとでも申しましょうか。順光側にまわって綺麗に撮ろうとしたところ、飛ばれて見失ってしまいました。
 この辺り、シルビアの翅裏の斑紋にお詳しい方、コメントいただけると幸いです。

 さて、前回記事のシルビアの青♀については、多くの方にコメントをいただき、有り難うございました。最後に、コメントへの御礼の意味も込めて、再度、同一個体の別アングルからの写真を2枚お目にかけましょう。

081013-60.jpg081013-70.jpg この個体の「青♀度」は個人的には最高レベルでした。私好みの「翅表と翅裏を同時に」も撮ってございます。こういう写真を撮っていると、やはり自分の好みが出ますね。以前に書いた「海を背景にシルビアシジミを撮れないものか」は、頭の片隅にしまい込まれてしまったようでございます。
 この日の走行距離285km。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 17:17| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする