2008年10月29日

吾遭遇熊襲於勤務先

 私の勤務先は京都市内にあります。私の蝶好きは、知らないうちに、勤務先でも周知のことになっているらしい・・・昨10/28の夕方、まったく面識のない社内の方から、突然、以下のようなメールが写真付きで送られてきました。

081029-1.jpg(kenkenの本名)様
 蝶のことにお詳しいと聞いて初めてメールさせていただきます。(メール発信者部署名)の(メール発信者名)です。お忙しい所、突然のメールで申し訳ございません。<中略>(勤務先の敷地・建屋名)東側にあるソテツにクロマダラソテツシジミが発生しています。大阪や兵庫でもソテツに被害が出てると何かで読んだ事がありますが、(勤務先名)構内にも来ています。添付の写真は(勤務先の敷地・建屋名)北側で10/16日に撮ったものです。
 昔、趣味で蝶の観察をしていましたが(ここ20年ほどしていませんが)、仕事中に見知らぬ蝶を見つけ携帯で写真を撮り調べてみました。既にどこにでもいるものなんでしょうかね、蝶の事については浦島太郎状態なんでよく分からずメールさせていただきました。<中略>お忙しい中、お邪魔しました。


 どうやら、私が勤務している建屋のある敷地の隣の敷地内にソテツがあって、そこで発生しているようです。
 というわけで、本日10/29の昼休み、カメラ持参で、社内探索してみたところ・・・

081029-3.jpg なるほど、こんなところにソテツが2本あったんだ。知らなかった・・・(一部、セキュリティ上の都合で、モザイクかけてあります)

081029-4.jpg 近づいて見てみると、トラックのとまっている右側のソテツで1♂が日光浴しておりました。ソテツに執着していて、飛んでも直ぐに戻ってきます。少し探してみましたが、卵、幼虫、蛹は見つかりませんでした。
 う〜む、しかし、こりゃ毎日、昼休みに定点観察しにこんといかんなぁ・・・
 そんな1日でした。
posted by kenken(管理人) at 21:15| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

南高梅(2008年10月25日)

 先日、初めて新名神高速を走ってみたのに続けて、この日は昨秋に延長された阪和道路を初めて終点まで走ってみることにました。現在の終点は和歌山県の「南紀田辺」ICです。

081025um0.jpg 南紀田辺ICを出ると、道沿いに和歌山県特産の梅干し専門店が点在しています。こんな店に立ち寄ってみました。
 梅干しに適している「南高梅」は、1950年代、梅の品種統一のため、一本の優秀な梅の木が選ばれ、その木を母樹として増やされた品種とのことで、尽力したのが南部高校の教諭であったことから南高梅と名付けられたらしい。ほぉ〜、初めて知ったぁ!

081025um1.jpg081025um2.jpg 店の中では、こんな感じで、いろんな種類の梅干しが試食し放題だったので、1年分くらいの梅干しを食べてしまいました。(笑)

081025wr.jpg 阪和道でいつも立ち寄るSAは和歌山県の「紀ノ川」で、ここの「和歌山ラーメン」はなかなか乙な味です。立ち寄ると、ほとんど毎回食べてしまう逸品ですなぁ。是非、ご賞味あれ。

081025lm.jpg 食べ物ばかり先に書いてしまいましたが、一応、蝶撮影もやってきました。(笑)ルーミスシジミ、昨年、望外の良い写真が撮れているので、この日は、新しい撮影地の開拓に時間を割いてみました。結果、数頭を目撃するも、この日は昨年と違って、撮影し易い位置までは降りてきませず、証拠写真のみです。
 同行した師匠Sさんと共に、なぜ降りてこないのか、昨年とはどう条件が違うのかなど、いろんな仮説を立てながら、活動時間帯の全てを観察に費やしました。次回の撮影行に行かせそうです。
 この日の走行距離498Km。
 お土産には、もちろん南高梅の梅干しを購入しました。
posted by kenken(管理人) at 23:30| Comment(24) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

伊勢訪問(2008年10月18日)

 翌日の日曜日が休日出勤だったので、10/18(土)にドライブ気分で出かけてみました。
 実は、まだ、新・名神高速道路を走行したことがなかったので、是非、走ってみようと、新・名神高速経由で三重県は伊勢方面へ目的地セットです。大都市圏外の大津ICから流入して、草津JCTで新・名神に乗り入れ(新しい道路はえぇねぇ〜)、伊賀土山ICで100km未満の刻みを入れて、亀山JCTで伊勢道に乗り入れて、伊勢まで、ETC通勤割引2回適用です。

081018-i.jpg 伊勢はノスタルジックな思いに浸れる街で、なにはともあれ、伊勢うどんを食べました。卵入りの大盛りで大満足です。
 この「まめや」、行きつけの店で、駐車場もあるし、毎年訪れとるな・・・

081018-ii.jpg お土産用の持ち帰りの伊勢うどんは、地元のスーパーで購入です。「マルキのたれ」に「みなみの伊勢うどん」(横綱が目印ですぞ!)です。この組み合わせが最高に美味いですね。生ものなので、クーラーBOXでお持ち帰りです。

081018-s.jpg 一応、蝶の狙いはサツマシジミでしたが、不作なのか若干時期が違うのか、2頭しか見ませんでした。ピカピカの個体ではなかったので、撮影意欲が湧かず、証拠写真のみです。(笑)
 また、伊勢うどんがてら、出直しましょう。

081018-g.jpg 地酒もゲットです。三重県伊賀市の若戎酒造の純米吟醸「義左衛門」、さっぱりして飲み易い、上品なお味のお酒でした。

081018-l.jpg もちろん伊勢地域のローソンでは、よっちゃんの「す漬けイカ」の探索をしましたが、シルビアシジミ同様、分布確認できずでした。
 「プリプリ酢いか」はヤマトシジミのように分布していました。

 帰りは、高速料金節約で、新・名神には乗りませんでしたが、初めて新・名神高速に乗れて、楽しいドライブでした。
 この日の移動距離422km。
posted by kenken(管理人) at 19:22| Comment(14) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

とことんシルビア(その2)(2008年10月13日)

 え〜、前回記事の後編です。
 昼食を取った権現湖PA、1週間前に訪れた際、ごみ箱の近くにヤママユガさんがいたので、今回もちょっと蛾さんを探してみました。

081013-10.jpg すると、この日は、トイレのタイル壁にこんな蛾さんがとまっておられました。全長10cmくらいでしょうか、結構大物です。蛾さんには疎いので、どなたか詳しい方、同定の書き込みをいただけると幸いです。
(オビガと判明しました。コメントいただいた中さん、有り難うございます。2008-10-17追記)
 昼食後は、兵庫県南部のシルビアシジミ生息地を何ヶ所か環境確認しながら、翅裏をメインに撮ってみました。

081013-20.jpg081013-30.jpg いずれも♀の翅裏です。この2頭は、まあまあ標準的な「顔」でしょう。

081013-40.jpg081013-50.jpg この2♀の翅裏は、個体変異というよりも、異常型っぽいですな。
 左の個体、ススでもついたかのように斑紋が過剰です。キマダラルリツバメでも、こんなススけた過剰紋の個体の写真を見たことがありますね。
 右の個体、逆光の中でファインダー越しに、これはなんと重量感のある翅裏の斑紋やろっ!って感じました。ゴイシシルビアシジミとでも申しましょうか。順光側にまわって綺麗に撮ろうとしたところ、飛ばれて見失ってしまいました。
 この辺り、シルビアの翅裏の斑紋にお詳しい方、コメントいただけると幸いです。

 さて、前回記事のシルビアの青♀については、多くの方にコメントをいただき、有り難うございました。最後に、コメントへの御礼の意味も込めて、再度、同一個体の別アングルからの写真を2枚お目にかけましょう。

081013-60.jpg081013-70.jpg この個体の「青♀度」は個人的には最高レベルでした。私好みの「翅表と翅裏を同時に」も撮ってございます。こういう写真を撮っていると、やはり自分の好みが出ますね。以前に書いた「海を背景にシルビアシジミを撮れないものか」は、頭の片隅にしまい込まれてしまったようでございます。
 この日の走行距離285km。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 17:17| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

とことんシルビア(その1)(2008年10月13日)

 この10/11〜10/13の3連休、前半に親戚が集っての法事があり、撮影はお休みするつもりでしたが、あまりにも天気がよいので、連休最終日の10/13に撮影に出かけることにしました。
 誰かさんの「餅をついたような性格」?に見習って、とことんシルビアシジミを追いかけてみました。過去の経験から、ヤマトシジミ同様に、シルビアも涼しさに比例して青鱗が多くなる傾向を感じています。兵庫県南部、淡路島、徳島県と、シルビア狙いで今秋はもう3回も出かけておりますが、青♀狙いで、今秋未訪問の兵庫県南部の生息地を数ヶ所まわってみました。

081013-s01.jpg ♂はパスして、ひたすら♀を追いかけていると、こんな面白いシーンに遭遇しました。朝日の中でのダブル♀開翅です。いずれも1週間前に撮影した青♀と同じ程度の青鱗ののり具合で、やや飛び古していますね。

 探索していると、動きの鈍い羽化直後らしい♀に出会いました。

081013-s02.jpg シャイな個体で、なかなか翅表を見せてくれませんが、待っているとじわっと微妙な角度で開いてくれました。こういう場合、被写界深度の深いコンデジが威力を発揮しますね。
 きゃあ〜!涙ちょちょぎれるほど新鮮かつ青鱗ののりの良い♀です。追いかけられる限り、この個体を追ってみました。以下の写真の♀は、全て同一個体です。

081013-s03.jpg じわっと開翅後、なかなか開翅モードには入ってくれません。静止モードと吸蜜モードが延々と続きました。

081013-s04.jpg 見守っていると、♂がやってきて、あっと言う間に何の抵抗もなく交尾が成立しました。きっとバージン♀だったのでしょう。無理に引き離すわけにもいかないので、開翅シーン撮影のため、交尾が終了するまで待つことにしました。

081013-s05.jpg 1時間少々で交尾が解けました。その後、交尾で使った体力回復のためか、吸蜜での栄養補給が続きました。

081013-s06.jpg ようやくお待ちかねの開翅モードが訪れました。ピーカンのお天気で、直射日光ですとうまく色が出ないので、体で影を作りながらの撮影です。バージンだった?時のシャイな開翅のほうが美しいと思えるのは、撮影者の偏見でしょうか。

 この青♀、その後、新たな♂に追われると舞い上がり、とうとう見失ってしまいました。う〜む、またしても♂に邪魔されてしまいましたか・・・今回は、それなりの写真が撮れたので、青♀の探索・撮影はこれにて打ち切りです。
 気がつくと、かなり昼を過ぎていて、お腹がぺこぺこなので、お決まりの権現湖PAのラーメンで昼食です。

081013-s07.jpg 前回、「あっさり醤油味」はややインパクト不足だったので、いつもの「豚コク醤油味」にしました。やっぱりこいつは最高に美味いですね。

 昼食後は、青♀にはこだわらず、翅裏の個体変異をいろいろ撮影してみることにしました。
 引っ張ってしまってすみませんが、妙な翅裏の斑紋の個体を撮影できたので次回以降に掲載いたしましょう。2種類あります。【続く】
posted by kenken(管理人) at 21:20| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

29年ぶりの淡路島(2008年10月7日)

 9月の週末は何回か休日出勤しておりまして、その代休を10/7(火)に取得することにしました。
 前回記事で、ちょこっと書きましたが、海を背景にシルビアシジミを撮れないものか考え始めました。一例として島根県隠岐方面なんか可能性高うございます・・・との貴重なご意見もありますが、今シーズンは既に時期遅れでしょうし、日帰りは無理ですな。

・海が見えるんやっらたやっぱり、し○び○さんのように島へ行くのが基本やね
・近くて手頃な島と言えば淡路島、シルビアの記録あったよね
・淡路島、1979年1月7日にヒロオビミドリ探索に訪れた時、シルビアのいそうな環境から海見えてたよな
・ウン、海を背景のシルビア画像、撮れたも同然

081007-01.jpg と、ふ○み○さんのような妄想に頭を支配され、29年ぶりに兵庫県・淡路島を訪れてみました。
 実は、明石海峡を車で渡るのは初めてでして、とっても興奮しました。淡路まであと8Kmのシーンです。

081007-02.jpg081007-03.jpg まずは、淡路島に入ってすぐの淡路SAで淡路島特産の玉ねぎをふんだんに使った玉ねぎラーメン味噌味で腹ごしらえです。これね、スライスした玉ねぎにほのかな甘味があって、マジで美味かったです。次回も必ず食べますね。

081007-04.jpg 淡路島、こんな環境にシルビアはおりまして、この背景の方向に地形図的には播磨灘の海が見えてもおかしくないのですが、ご覧のようなお天気で、海が見えるのか見えないのか、分かりませんでした。ん?誰か歩いてますな。端境期なのか、発生末期なのか、ハズレ年なのか、個体数も極少でしたね。

 う〜ん、これでは話しにならんなぁ・・・お天気悪そうやけど、ここまで来たついでに、四国まで行ったろか・・・ということで、徳島県・吉野川水系まで足を運ぶことにしました。

081007-05.jpg 渦潮と遊覧船を見下ろしながら、鳴門海峡を越えます。なんだか優雅でえぇもんですな。しかし、橋代高いなぁ・・・

 河川堤防でのシルビア画像、今さら・・・って感じですが、わざわざ四国まで行った甲斐あって、結構えぇ絵が撮れました。

081007-06.jpg こんな感じの発生環境です。ここの個体は、前後翅裏面のクサビ型の紋の内側が白くなる傾向がありますね。一眼デジカメ+15mm Fisheyeでの画像です

081007-07.jpg081007-08.jpg お天気悪く、開翅シーンは望めず、ひたすら吸蜜や翅裏の画像を撮って遊んでおりました。
 すると、ヤマトシジミを連想させるような、一風変わった白っぽい個体に遭遇したので、お目にかけましょう。

081007-09.jpg ♀でした。食草のミヤコグサに固執してましたね。ずっと追いかけましたが、お天気悪くて開翅は叶わず、その代わり、翅の擦り合わせシーンを披露してくれました。チラリと覗く後翅表面、妙に白いですね。

081007-10.jpg 90mm Macroでも1枚押さえておきました。この辺りに特有の地域変異個体なのでしょう。お天気悪く、露出不足気味ですが、実際にこんな色なんです。
 どなたか、シルビアに詳しい方、コメントいただけると幸いです。

 う〜ん、今度は、こんな白化傾向の個体の開翅シーンを翅表と翅裏を同時に撮れないものか考え始めました。この日の移動距離474km。
posted by kenken(管理人) at 00:40| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

権現湖PA(シルビアシジミ♀)(2008年10月4日)

 山陽自動車道(上り)権現湖PA(兵庫県加古川市)にはラーメン専門店「とん太」があります。ウェルカムゲートがあって、一般道からも利用可能なので、こちら方面に出かけたときは結構立ち寄ります。

081004-g1.jpg この日の昼食は、あっさりした「吟醸醤油ラーメン」にしました。上品なお味で、少しもの足りませんでした。やはり、お奨めは「豚コク醤油ラーメン」ですね。

081004-g2.jpg081004-g3.jpg 食事後、PA内のトイレに立ち寄ろうとすると、ゴミ捨て場に大物を発見です。右後翅に少し欠けがありますが、見事なヤママユガでした。以上、いずれもコンデジGX100での画像です。

 さて、前回の続きで、シルビア♀3個体を一眼デジ+90mm Macroで、背景をボカし気味に撮った絵をお目にかけましょう。

081004-s10.jpg 朝陽のなか、ちょっと赤っぽく写っているかもしれません。縁毛がこれだけびっしり揃っているとえぇもんです。

081004-s20.jpg081004-s40.jpg この日、最も長く付き合ってくれた♀です。この日は快晴でしたが、ほんの一瞬、雲がかかって直射日光が遮られた瞬間に、なかなか良い絵が得られました。

081004-s30.jpg この日の最青♀です。眩しい朝陽の中、やや逆光気味でピンが甘く、証拠画像のみです。翅表全体を撮ろうと頑張って追いかけたのですが、この後、見失ってしまいました。(涙)

081004-s50.jpg この日の狙いは、♀の開翅シーンでしたが、一応♂も撮っておきました。ヤマトシジミとは違う、深みのあるブルーですな。

 この日の走行距離240km。え〜、まったく関係のない話ですが、海を背景にシルビアシジミを撮れないものか考え始めました。
posted by kenken(管理人) at 00:05| Comment(14) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

スイカでビール(シルビアシジミ♀)(2008年10月4日)

 「スイカ」をつまみにビールを飲むのが大好きなんです。「スイカ」といっても「西瓜」ではなくて「酢烏賊」です。(笑)中でも群を抜いて好きなのは「よっちゃんのす漬イカ」です。

081004-y1.jpg081004-y2.jpg 他にも似た商品はあるのですが、この商品の酢っぱさ、子供の頃に駄菓子屋で食べた味を連想させて、最高なんです!山梨県の食品製造会社の商品で、全国のコンビニ「ローソン」で売っているんじゃないかと思うのですが・・・

081004-y3.jpg この「よっちゃんのす漬イカ」、通りすがったローソンには必ず立ち寄って、その有無を確認しているのですが、今のところ、京都市・烏丸五条店、加西市・下宮木店(写真左)など、ローソンでも限られた店舗でしか見かけません。
 皆さんのお近くのローソンにはありますか?探してみて下さい。(発見レポートなんか書き込んでもらえると嬉しい)

 ローソンがあっても必ずしも「よっちゃんのす漬いか」があるとは限らないように、ミヤコグサがあっても必ずしもシルビアシジミがいるとは限りません。(なんとも凄いコジツケやなぁ・・・)
 この日は、先週の「下見」の成果を活かすべく、兵庫県までシルビアシジミの撮影行ってきました。まずは、コンデジGX100での画像を貼りましょう。

081004-s1.jpg お天気良過ぎてハマりの1日です。朝露(写真中、2箇所ほど白く光ってますやろ)が残る朝陽のなか、既に気温高く、飛び回っていました。ちょっと後翅に下草の影が入ってしまいましたが、♂の開翅を貼っておきます。先週、この背景にあった田んぼの稲は、全て刈り取られていました。

 狙っているのは、♀の開翅シーンです。♂はパスして、ひたすら♀を探します。

081004-s2.jpg いましたね、♀です。田んぼの土手での発生パターンで、背景に農家らしき家屋が見えます。

081004-s3.jpg じっと待っていると、開翅してくれました。翅表と翅裏を同時に入れての縦位置広角画像です。GX100は、明るさには弱い傾向があるので、露出を2段階暗いめ(-0.7EV)に設定して撮っています。
 翅表にいい感じで青鱗がのっています。

081004-s4.jpg081004-s5.jpg 最近のコンデジは本当に性能が良いです。記録的な画像なら、気軽に撮ってこんな画像が得られます。Pモードで、朝陽があまりに眩しいので、露出を3段階暗いめ(-1.0EV)に設定して撮っています。

 コンデジは被写界深度が深いので、記録写真にはばっちりですが、ちょっと背景まで写り過ぎてごちゃごちゃ感のある絵です。1眼デジで背景をぼかして、青♀を強調した絵は、後日掲載しますね。
posted by kenken(管理人) at 09:55| Comment(14) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする