2008年09月29日

稲穂とシルビアシジミ(2008年9月28日)

 この日は午前中曇りの天気予報。こういう日は直射日光が避けられて、開翅撮影にはもってこいとばかりに兵庫県加東市までシルビアシジミの撮影にお出かけしてみました。う〜む、しかし、予想外に寒い1日で、蝶の活動も望みにくいほどの気温でした。写真撮影は早々にあきらめて、撮影地の探索&下見に切り替えました。

080928-s1.jpg そんな探索途上、田んぼの畦にミヤコグサの有無をチェックしていると、シルビアが1頭飛びだして、寒いのでナヨナヨと飛んで実った稲穂にとまったのでGX100で撮ってみました。ヤラセ写真ではありませんぞ。(笑)
 なんとも暗くて寒い曇り空です。

080928-s2.jpg 同じシーンをGX100でぐっと迫って撮るとこんな感じ。この後、近づきすぎて稲穂を揺らしてしまい、シルビアは再びナヨナヨと飛んで、田んぼの稲穂の中に隠れてしまいました。

 結局この日は5箇所ほど探索してみましたが、いずれの場所でも、発生の端境期的な雰囲気で、3箇所でシルビア確認しましたが、いずれも寒くてとまっているだけでした。今回の下見を生かして、今シーズン最後に発生する青♀の開翅撮影に出直すことにしましょう。なんやかんやで276kmも走行した1日。
posted by kenken(管理人) at 21:15| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする