2008年09月25日

越中訪問(その1)(2008年9月23日)

 このブログにコメント書き込んで下さるRhetenorさん(有り難うございます!以下、Rさんと書きますね)は、最近、RICOHのコンデジGX100を入手され、生態写真にも精を出しておられます。で、生態写真撮影やGX100の使い方について、いろいろ教えてほしいとの連絡をいただきました。
 ならば、手っ取り早く、一緒に撮影行きましょう!ってことで、お出かけすることにして、この季節の撮影対象種と撮影地候補をいくつかRさんにお伝えしてお選びいただいたところ、「富山県のミヤマシジミ」とのご指名です。(う〜む、さすがに通やなぁ〜)往路、Rさんは、なんと夜行列車で移動!現地でピックアップして、復路はお積みして帰るという旅程です。
 夜行列車で早朝に富山入りされているRさんを長時間待たせないよう、ETC通勤割引2度使いが可能な最速パターンで北陸道を突っ走ります。
 京都発3:30→敦賀IC流入5:10→尼御前SAトイレ休憩&時間調整→片山津IC流出(ETCカード入替後)再流入6:05→富山IC流出6:50です。
(ふ○み○さんも前にこんなん書いてたな・・・)

080923-h01.jpg 北陸道はこの時間帯、空いてますねぇ〜
 ほとんど車走っていません。

 Rさんをピックアップ後、早朝に撮影地入りです。今回の狙いは、ブルーののったミヤマシジミ♀の開翅シーンです。

080923-m00.jpg これは、静止している♀を探し出して活動開始前の日光浴開翅を待っているシーンです。遠くに見えているのは撮影中のRさんとマイ三脚で、GX100での画像です。

080923-m01.jpg080923-m01a.jpg しばらくして薄日が射してくると「開きましたよぉ〜」ってRさんが呼んでくれました。90mm Macroで、RさんがGX100で撮影しているシーン(左)と開翅シーン(右)のセットで撮影です。この個体、後翅にブルーが少しのっていてえぇなぁ〜

080923-m05.jpg080923-m05a.jpg こちら、また別の個体です。これは、相当新鮮ですね。縁毛もびっしり揃っています。ブルーはほとんどありませんが、漆黒な翅表もえぇもんです。上と同じく、RさんがGX100で撮影しているシーン(左)と開翅シーン(右)のセットで撮影です。

080923-r01.jpg080923-r02.jpg 撮影同行すると、自分では絶対に撮影できないマイ撮影シーンを撮影してもらえるのがえぇですね。Rさん撮影の私と私の指上で日光浴開翅している個体です。(ううっ、迂闊にも、効き手の右手に乗せてしたったので、自分では撮れなかった・・・)

 まだまだ画像があります。【続く】
posted by kenken(管理人) at 12:15| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする