2008年09月22日

兵庫県山間部のクロツ(その2)(2008年9月20日)

【お知らせ】9月22日 12:05〜17:50の間、本ブログにサービス障害が発生しておりまして、コメント書き込み不能でした。この間、訪れた皆さん、すみませんでした。ブログ運営会社になり代わってお詫び申し上げます。書き込めなかったのは、貴方のせいではありませんよ〜私も、レス・コメント書き込めなくておかしいなと思ってたんです!【お知らせ終わり】
----------
 前回記事の続編です。この日の撮影は、コンデジGX100をメイン機に撮っておりました。前回記事では、そのコンデジ画像を披露しましたが、少しだけ撮影した一眼デジ+90mm Macro、15mm Fisheye での画像もお目にかけましょう。

◆まずは、90mm Macro での画像です。

080920ky-1.jpg080920ky-2.jpg 一瞬、ヤマトシジミ♀かと間違えさせられるカタバミでの吸蜜です。
 花の横から、上からと動き回りながら口吻を伸ばしていました。石組に突き出すように咲いているカタバミで、上から撮ると、背景が暗くボケてクロツが浮かび上がるようで面白い絵になりました。

080920gr.jpg ヨモギなんかが自生する草地での開翅シーンを「翅表と翅裏を同時に」撮ってみました。クロツって、チャマもそうですが、背景をオール・グリーンで撮るのって結構難しいんですよね。例によってお気に入り画像なので、大きめのサイズでUPしています。

080920mc-1.jpg080920mc-2.jpg 90mm Macro レンズの性能テストもしてみました。(笑)
 絞り開放で背景をぼかした絵(左:F2.8)とぐっと絞り込んで背景も写し込んだ絵(右:F14)と、同じシーンを撮り比べてみました。

◆最後に、15mm Fisheye での広角画像です。

080920hi-1.jpg080920hi-2.jpg 実は、以前から、ヒガンバナとクロツを一緒に撮ってみたかったのですが、なかなかチャンスがありませんでした。今回、証拠写真的な拙い画像ですが、なんとか写すことができたので、お目にかけましょう。

080920de.jpg 発生地の石組の背景に、遠めに見える家屋や近くの電信柱を入れてみました。
 実は、これ以外に極めつけの人工物背景の絵が何枚かあるのですが、あまりに場所が露わ過ぎて、掲載は見送りです。
 今回の走行距離325km。
 う〜む、今度は、ブルー系を撮りたくなってきましたね。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 19:36| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする