2008年09月21日

兵庫県山間部のクロツ(その1)(2008年9月20日)

 タイトル、「クマソ」ではありません、「クロツ」です。(笑)
 ブログ仲間の写真を拝見していると、突然、クロツバメシジミが撮りたくなりました。久しぶりに、兵庫県山間部のクロツバメシジミを訪ねてみました。
 この日は、思うところあって、RICOHのコンデジGX100をメイン機にして、コンデジでどれくらいの表現ができるのかを試してみました。以下、今回「その1」編の画像は、全てGX100での画像です。

080920i1.jpg080920i2.jpg こんな感じの石組のツメレンゲで発生しております。ちょっと石組を登って、下から見上げるように石組にカメラを青空向けて置くように固定して撮影したものです。
 GX100は、マクロモードにしておくと、フォーカスポイントを任意の位置に移動できるので、クロツの写っている写真中央やや下にフォーカスポイントを設定しています。

080920m1.jpg なにげない、民家の石塀なんかでも、古いものにはツメレンゲがはびこっていて、それで発生しています。クロツらしい絵ですね。
 青空が見えていますね。台風一過の超快晴で、めっちゃ暑くて汗だくでした。

080920k1.jpg080920k2.jpg 開翅シーンは、コンデジならば被写界深度が深いので、通常のプログラムモードで写し込むと、こんな感じでうまく表現できます。翅表の色も忠実に再現されていると思います。右側の「翅表と翅裏を同時にシーン」は、例によってお気に入り画像なので、ちょっと大きめにしてあります。

080920h1.jpg ここのクロツの翅裏の斑紋パターンはどんなんじゃい?と気にされるクロツ・ファンの方むけに、翅裏の斑紋が全て写った写真もUPしておきましょう。安定して、こんな斑紋パターンです。

 「その2」では、少ないながら、90mm Macroや15mm Fisheyeで撮影した絵もお目にかけましょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 09:40| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする