2008年08月15日

涼しげな吸水シーン(その1)(2008年8月14日)

 いや、ホンマに暑いですねぇ〜
 前回の「木曽路詣」の続編が残っておりますが、ちょっと涼しげな絵が撮れたので「残暑お見舞い申し上げます」ってことで、お目にかけましょう。
----
 この日は、所用で夕刻には自宅に帰ろうと、近場、奈良県中部を午前中を中心に探索してきました。さすがにこの季節、暑さで蝶影は薄いですねぇ〜しかし、えぇ感じの吸水シーンに遭遇できました。

080814-10.jpg スミナガシの吸水シーンです。樹液での吸汁シーンだと、暗い環境でストロボが必要になる場合が多いのですが、吸水シーンだと、ぎりぎり自然光で表現できる明るさなのです。180度超の開翅吸水、このアングルから、90mm Macroで、右翅表をフラットに撮ってみました。

080814-30.jpg080814-20.jpg オオムラサキやコムラサキなどと同様に、この種のメタリックなタテハチョウは、前方斜め上から見下ろす角度で撮ると、翅表の美しさを上手く表現することができます。90mm Macroで、スミナガシの翅表の美しさをありのままに表現できたお気に入りの2枚です。

080814-40.jpg 北京オリンピックで女子柔道の谷本選手が「1本を取る柔道」にこだわって金メダルを獲得されたことに「美」を感じました。私も「翅表と翅裏を同時に撮る写真」にこだわっていこうと考えています。アクセントとなる赤い口吻も上手く表現できました。

080814-50.jpg 翅裏もきちんと撮っておきましょう。この日、吸水中はずっと開翅していて、なかなか翅裏を撮らせてくれませんでした。

 今回は、90mm Macroでの画像ばかりお目にかけましたが、続編では、15mm FisheyeやコンデジGX100での画像をお目にかけましょう。実は、この後、もう1種類の蝶が同じところに吸水に訪れ、異種混合吸水シーンになりました。【続く】
posted by kenken(管理人) at 21:07| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする