2008年05月28日

兵庫県東播磨地域のヒメヒカゲ(その1)(2008年5月25日)

 5/25(日)、「前線基地」である義妹夫妻宅で7:00にお目ざめです。霧雨ですが、お天気は回復の方向、う〜む、さすがにあれだけ焼酎飲んだので、まだ少し酔っているかな・・・ですが、運転は出来そうです。(笑)
 まだお休みの面々にご挨拶して、駐車料金の上がらない8:00までに出庫し、今年から保全活動が始まった兵庫県東播磨地域のヒメヒカゲの現地状況の確認に向かいました。

 主たるヒメヒカゲの生息地には、土地所有者と行政の連名で、ちゃんとした「昆虫・植物の採取禁止」の立看板が立っておりました。
 「採り屋」の皆さん、少なくとも「昆虫・植物の採取禁止」の立て看板のある生息地では採らんといて下さいね。1人でもマナーの悪い人がいると、私も含めて、蝶屋全員が悪者扱いされて迷惑を被るので、頼んまっせ!また、立て看板のない生息地でもヒメヒカゲの採集自粛にご協力よろしくです。

 採り屋の方々にはお引き取り願える「採取禁止地」でじっくり撮影することにしました。
080525-1.jpg たまに霧雨があるものの、本降りにはなりません。気温はそれなりにあって、開翅写真撮影にはもってこいのお天気でしょう。こんな感じで直ぐに全開翅してくれます。
 ですが、酔いざましに走り回って飛翔写真を撮影して汗をかきたい私です。さすがに露出不足気味なので、15mm Fisheyeで、ISO 800、TV 1/2500の設定で飛翔シーンを撮ってみることにしました。気温が高いので、結構飛んでくれます。

080525-2.jpg080525-3.jpg

080525-4.jpg 日射しがないので、くっきりとは撮れませんでしたが、まあまあの写真が撮れました。ヒメヒカゲはやはり翅裏の眼状紋を写し込むとえぇもんですね。
 ところで、撮影途中、数名のグループがやってきたので挨拶すると保全活動に携わっている行政の職員さんと保全を進めているメンバーの調査、見回りでした。名刺をお渡しし、いろいろ教えてもらいました。

080525-5.jpg080525-6.jpg

080525-7.jpg ヒメヒカゲ、地味な翅表も私はとても好みです。さすがに飛んでいては翅表を奇麗に表現できませんが、翅表が写っている写真もUPしておきましょう。

 蝶の記録を残すことは大切なことですが、蝶そのものと生息環境を残すことはもっと大切で急務です。蝶屋の皆さん、「採り屋」の方も、「撮り屋」の方も、ヒメヒカゲの保全活動に、どうぞご協力、よろしくお願いします。【続く】
posted by kenken(管理人) at 19:32| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする