2008年05月26日

いも焼酎「甕雫」(2008年5月24日)

 兵庫県在住の義妹夫妻から焼酎パーティ開催のお誘いがありました。なんでも、仕事の関係でプレミア焼酎「甕雫(かめしずく)」をもらったとのこと。週末は蝶撮影で忙しいのですが、やはり飲んでみたい・・・飲み会を5/24(土)の夜に設定してもらいました。
 5/24の近畿地方は降水確率70%だったので、蝶撮影はお休みして、午後から車で訪問です。焼酎パーティーなのに車・・・もちろん、飲んでそのまま泊ってしまおうというもくろみです。

080524-1.jpg 「甕雫」、名前のとおり、こんな感じの甕入りの宮崎県産のいも焼酎です。1,800ml入りですね。なかなか手に入らないらしいです。

080524-2.jpg まずは、義妹の手料理(なんと素晴らしい!)でビール(私は発泡酒)で軽く喉を潤しておきましょう。小さめの自家製コロッケが最高に旨かったです。何も言わなくても私には好みの発泡酒「ドラフトワン」が用意されているのが泣かせます。

080524-3.jpg080524-4.jpg いよいよ甕を開けてみました。こんな感じ。一升瓶と違ってなんとも趣きがあります。ロックで飲んでみました。こりゃいける!確かに口当たりがよく癖はないが、きっちりと芋のインパクトがあります。これは人気があって当然の焼酎でしょう。納得です。

080524-5.jpg 1,800ml甕には専用の木勺まで付いていて、甕から勺ですくってロックグラスに入れて飲むのがたまらなく趣きがあって良いです。20度なので口当たりもよく、結局、ロックでがんがん飲むことになりました。

080524-6.jpg ところで、車は近くのコイン駐車場に停めてあるのですが、22:00〜8:00は最大利用料金が\500なので22:00を過ぎた瞬間に一旦出庫して再入庫して利用料金を節約です。
(ETC通勤割引で、敦賀IC流入後、片山津ICで流出&再流入するのと同じような快感!)道路を走行すれば確実に「飲酒運転」になる「かなり酔った」状態ですが、私有地の駐車場内であれば道路交通法は適用されないので大丈夫です。

 車の再入庫を済ませると、さすがにぐっと酔いがまわってきました。訪問宅でそのまま泊らせていただき、翌朝は駐車料金が上がらない8:00までに出庫予定です。え〜、なんだかんだと書きましたが、実は、訪問先を兵庫県東播磨地方への蝶撮影遠征の「前線基地」にしていたのでした。しかし、いただいた料理と焼酎が最高に旨かったことは紛れもない真実でした。義妹夫妻に大感謝です。ありがとう〜(味をしめて、また訪問するかも)
posted by kenken(管理人) at 19:48| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする