2008年05月28日

兵庫県東播磨地域のヒメヒカゲ(その1)(2008年5月25日)

 5/25(日)、「前線基地」である義妹夫妻宅で7:00にお目ざめです。霧雨ですが、お天気は回復の方向、う〜む、さすがにあれだけ焼酎飲んだので、まだ少し酔っているかな・・・ですが、運転は出来そうです。(笑)
 まだお休みの面々にご挨拶して、駐車料金の上がらない8:00までに出庫し、今年から保全活動が始まった兵庫県東播磨地域のヒメヒカゲの現地状況の確認に向かいました。

 主たるヒメヒカゲの生息地には、土地所有者と行政の連名で、ちゃんとした「昆虫・植物の採取禁止」の立看板が立っておりました。
 「採り屋」の皆さん、少なくとも「昆虫・植物の採取禁止」の立て看板のある生息地では採らんといて下さいね。1人でもマナーの悪い人がいると、私も含めて、蝶屋全員が悪者扱いされて迷惑を被るので、頼んまっせ!また、立て看板のない生息地でもヒメヒカゲの採集自粛にご協力よろしくです。

 採り屋の方々にはお引き取り願える「採取禁止地」でじっくり撮影することにしました。
080525-1.jpg たまに霧雨があるものの、本降りにはなりません。気温はそれなりにあって、開翅写真撮影にはもってこいのお天気でしょう。こんな感じで直ぐに全開翅してくれます。
 ですが、酔いざましに走り回って飛翔写真を撮影して汗をかきたい私です。さすがに露出不足気味なので、15mm Fisheyeで、ISO 800、TV 1/2500の設定で飛翔シーンを撮ってみることにしました。気温が高いので、結構飛んでくれます。

080525-2.jpg080525-3.jpg

080525-4.jpg 日射しがないので、くっきりとは撮れませんでしたが、まあまあの写真が撮れました。ヒメヒカゲはやはり翅裏の眼状紋を写し込むとえぇもんですね。
 ところで、撮影途中、数名のグループがやってきたので挨拶すると保全活動に携わっている行政の職員さんと保全を進めているメンバーの調査、見回りでした。名刺をお渡しし、いろいろ教えてもらいました。

080525-5.jpg080525-6.jpg

080525-7.jpg ヒメヒカゲ、地味な翅表も私はとても好みです。さすがに飛んでいては翅表を奇麗に表現できませんが、翅表が写っている写真もUPしておきましょう。

 蝶の記録を残すことは大切なことですが、蝶そのものと生息環境を残すことはもっと大切で急務です。蝶屋の皆さん、「採り屋」の方も、「撮り屋」の方も、ヒメヒカゲの保全活動に、どうぞご協力、よろしくお願いします。【続く】
posted by kenken(管理人) at 19:32| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

いも焼酎「甕雫」(2008年5月24日)

 兵庫県在住の義妹夫妻から焼酎パーティ開催のお誘いがありました。なんでも、仕事の関係でプレミア焼酎「甕雫(かめしずく)」をもらったとのこと。週末は蝶撮影で忙しいのですが、やはり飲んでみたい・・・飲み会を5/24(土)の夜に設定してもらいました。
 5/24の近畿地方は降水確率70%だったので、蝶撮影はお休みして、午後から車で訪問です。焼酎パーティーなのに車・・・もちろん、飲んでそのまま泊ってしまおうというもくろみです。

080524-1.jpg 「甕雫」、名前のとおり、こんな感じの甕入りの宮崎県産のいも焼酎です。1,800ml入りですね。なかなか手に入らないらしいです。

080524-2.jpg まずは、義妹の手料理(なんと素晴らしい!)でビール(私は発泡酒)で軽く喉を潤しておきましょう。小さめの自家製コロッケが最高に旨かったです。何も言わなくても私には好みの発泡酒「ドラフトワン」が用意されているのが泣かせます。

080524-3.jpg080524-4.jpg いよいよ甕を開けてみました。こんな感じ。一升瓶と違ってなんとも趣きがあります。ロックで飲んでみました。こりゃいける!確かに口当たりがよく癖はないが、きっちりと芋のインパクトがあります。これは人気があって当然の焼酎でしょう。納得です。

080524-5.jpg 1,800ml甕には専用の木勺まで付いていて、甕から勺ですくってロックグラスに入れて飲むのがたまらなく趣きがあって良いです。20度なので口当たりもよく、結局、ロックでがんがん飲むことになりました。

080524-6.jpg ところで、車は近くのコイン駐車場に停めてあるのですが、22:00〜8:00は最大利用料金が\500なので22:00を過ぎた瞬間に一旦出庫して再入庫して利用料金を節約です。
(ETC通勤割引で、敦賀IC流入後、片山津ICで流出&再流入するのと同じような快感!)道路を走行すれば確実に「飲酒運転」になる「かなり酔った」状態ですが、私有地の駐車場内であれば道路交通法は適用されないので大丈夫です。

 車の再入庫を済ませると、さすがにぐっと酔いがまわってきました。訪問宅でそのまま泊らせていただき、翌朝は駐車料金が上がらない8:00までに出庫予定です。え〜、なんだかんだと書きましたが、実は、訪問先を兵庫県東播磨地方への蝶撮影遠征の「前線基地」にしていたのでした。しかし、いただいた料理と焼酎が最高に旨かったことは紛れもない真実でした。義妹夫妻に大感謝です。ありがとう〜(味をしめて、また訪問するかも)
posted by kenken(管理人) at 19:48| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ウスバシロ飛翔・午前中勝負(その2)(2008年5月17日)

 前回の続きです。トラフシジミは飛んでいってしまったので、背景を考えながらウスバシロの飛翔撮影です。

080517-u4.jpg080517-u5.jpg シャガの花園を飛ぶシーンです。一瞬、吸蜜で花にとまったりしましたが、ひたすら飛翔しています。なかなか上手く表現できないもんです。

 飛翔写真の諸先輩方の作品を思い浮かべながら、人工物と空の青色を意識して撮ってみました。

080517-u6.jpg080517-u7.jpg 農家の屋根、電柱、橋、青空、雲・・・えぇ感じで撮れました。右の写真は、この日の最もお気に入りの1枚です。ちょっと大きめにUPしておきましょう。

 朝から何も食べず、ペットボトルのお茶だけ飲んでの撮影で、お腹が空いてきました。11時には撮影切り上げです。前々回のラーメン画像の評判が良かったので、この日も昼ご飯はラーメンにしました。

080517r.jpg 京都市営地下鉄「北山」駅すぐ近くの「金ちゃんラーメン・北山店」、鶏がら豚骨醤油味ですが、あっさりしたスープで、何度も通っているお店です。ひとことで味を表現すれば、「けしからんうまい!」ですね。
 ランチタイム限定の、お得な「おにぎりセット」\680なり。
 この日の走行距離74km。
 午後の所用には、ぎりぎり間に合いました。(笑)【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 23:48| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

ウスバシロ飛翔・午前中勝負(その1)(2008年5月17日)

 天気の良い1日でした。午後に所用があったので、午前中1本勝負的にウスバシロチョウの飛翔を撮りに行ってみました。

080517-u2.jpg 滋賀県大津市内の山間部です。自宅から1時間弱も車を飛ばせば、こんな風景が広がります。既に何やら飛んでいるのが写っていますね。(笑)河川敷で発生しています。

080517-u1.jpg のどかな撮影地です。この道路は行き止まりで、午前中に通ったのは、地元の方の車1台と郵便配達のバイク1台でした。ウスバシロのほうが車よりもはるかに頻繁に路上に現れます。
 あまりにも撮影地が露わな画像ですが、まあ、たまにはこんな画像も良いでしょう。

080517-u3.jpg 飛翔写真撮影とは言うものの、必ず静止画像も押さえておきます。吸蜜シーンなら、なおさら良いですね。ウスバシロの地域個体変異ファンのために、この地の標準的な色合いの個体をUPしておきましょう。

080517-t.jpg ウスバシロを撮っていると、トラフシジミを発見です!こいつ、なかなか出会う機会がないので、真面目に撮影です。この写真の角度の位置で開翅すると最高に翅表の表現が決まるのですが・・・じっと待ちましたが、開翅しないまま飛び去りました。
 まあ、しゃあないか・・・
 気合いを入れてウスバシロの飛翔を撮りましょう。
 仕上げにラーメンも。(笑)【続く】
posted by kenken(管理人) at 21:27| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

近場で飛翔写真の練習(その2)(2008年5月3日)

 この記事を書いている5/11も昨5/10に続いて寒い曇りですね。のんびり休養とまいりましょう。前回記事の続きです。
----
 ギンイチモンジセセリの飛翔写真の練習をしていると、ツバメシジミ♀が目に入りました。こいつね、好みなんです。

080503-t1.jpg080503-t2.jpg

080503-t3.jpg さっそく飛翔写真を撮ってみました。ギンイチと違って、飛びまわらないので、上手く撮影できそうです。少しは飛翔写真の腕も上がったのかもしれません。ほんの少しだけ青斑の乗った♀です。

 今シーズンは、小さな蝶も300mmF4ISで狙ってみようかと考えています。今後の撮影に向けて300mmF4ISで、いろいろ設定を変えながら試し撮りしました。

080503-t3581.jpg撮影モード:絞り優先AE
シャッター速度:1/4000
絞り数値:4.0
露出補正 -1/3
ISO感度:400
 絞り開放で撮ると、やはり背景がボケて奇麗ですね。

080503-t1487.jpg撮影モード:プログラムAE
シャッター速度:1/1000
絞り数値:8.0
露出補正:-1/3
ISO感度:400
 翅表も翅裏も同時に表現するにはプログラムモードが意外と有効なようです。自動的に被写界深度を考えてくれます。

 できるならば、1つのシーンを絞り開放とプログラムモードの2種類で撮るといいでしょう。

 お腹が空いたので撮影切り上げです。久々に京都南インター南・国道1号線沿いの「ラーメン銀閣」に行ってみたら、なんと「休み」でした。これは困った・・・どこへ行こうか考えながら走っているうちに、かなり自宅近くまで戻ってきてしまいました。で、以前から気になっていた店に初めて行ってみることにしました。

080503-r1.jpg 北大路・堀川通り上ル西側「天龍」です。こう書けば、京都人なら場所はすぐに分かるでしょう。看板に「元 高木町の屋台」とありますが、高木町と言われてもどこかしら・・・

080503-r2.jpg ラーメン並と炒飯のセットを注文です。
 食べた瞬間、懐かしさが込み上げてきました。鶏ガラ豚骨スープの醤油味!20数年前の学生時代に食べたことのある味でした。あの屋台があったところが高木町だったんだ・・・これね、はっきり言います、旨いです。えぇ店を見つけました。
 この日の走行距離76km。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 11:30| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

近場で飛翔写真の練習(その1)(2008年5月3日)

 この記事を書いている5/10は、小雨で気温も低いです。撮影行はお休みして完全休養です。G.W.の後半の記事をUPしていきましょう。
----
 5/3、ガソリン代も高くなったので、近場、京都府南部で飛翔写真を練習していました。お相手のメインはギンイチモンジセセリです。

080503-g1.jpg080503-g2.jpg

080503-g3.jpg 快晴の炎天下で3時間ほど遊びましたが、なかなか飛翔写真は難しいですね。なんとかピンのあったものを数枚UPしておきましょう。ギンイチを後ろから追いかけたので、翅表はうまく表現できましたが、後翅裏の「銀一文字」がうまく写っているものは少なかったです。

080503-g4.jpg 少しピンが甘いですが2頭のバトルをUPしておきます。1頭はだいぶ飛び古していますね。後で分かりましたが、ギンイチの飛翔って、正面から撮ると翅表も翅裏も表情も同時に写せて面白そうです。また次の機会にチャレンジしましょう。

080503-g5.jpg こちらは、ギンイチをヒメウラナミジャノメが追っています。飛び方の違いが面白いですね。

080503-g6.jpg やはり、静止の広角写真も押さえておきました。翅表と翅裏を同時に表現です。
 こんなお天気のもとで走り回るとすぐにお腹がへってきました。一昨日までの白馬遠征では、あっさりした蕎麦ばかり食べていたので、急にこってりしたラーメンが食べたくなってきました。(笑)ラーメンも撮らんといかんな・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 08:20| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

白馬訪問・その3(2008年5月1日)

 白馬滞在3日目です。前夜もしこたま飲んでこてっと寝て、7時に目覚めました。待ちきれず、8時過ぎには撮影地に到着し探索開始です。やがて師匠(と勝手に私がお呼びしている)Sさんも合流です。
 ですが、この日は薄雲がかかって、曇りごくたまに薄日といったお天気で、飛んでくれません。
 Sさんと蝶撮影談議です。1日目の1頭目のギフチョウがいきなりバンドだった話をすると、Sさんは「最大の撮影チャンスは、まだ撮影する心の準備が整っていない撮影行の出だしとか、今回の撮影行もこれで終わりと心の整理をつけてしまった後とかに、実は、いきなりやってくるもんだよ」と教えて下さいました。
 そんな話をしているうちに、ヒメギフチョウが飛んでくれました。日が射さないと、ギフチョウは飛ばないようです。

080501-h1.jpg080501-h2.jpg

080501-h3.jpg ヒメギフは飛び古した個体(上左)、羽化直で翅がまだ柔らかい個体(上右)、後翅の黒斑にCカットが入った個体(左)など、いろいろ混じっていて楽しめます。

080501-g1.jpg 一瞬の日射しにギフチョウが飛びました。ん、昨日、バンドかとわくわくさせてくれた君じゃないですかっ!ギフチョウはヒメギフチョウと比べて若干開けた感じの空間を飛ぶように感じました。

 その後、まともに飛翔・吸蜜が見れないうちに、雲が厚くなり、携帯で天気予報を見ると、夕方から明朝にかけて降水確率20%で夜半には雨の可能性ありとか言ってます。もう1泊しても良かったのですが、翌日はお天気あまり良くなさそうなので、帰路につくことに決めました。Sさんも、撮影を切り上げて他の撮影地の季節進行状況の確認に行かれました。
 現地でお世話になったkmkurobeさんにお別れの挨拶メールを入れて、店じまいしているとよたよたと飛ぶギフチョウらしき個体が目に入りました。駆け寄ると、なんと、バンドの♀です!

080501-b1.jpg080501-b2.jpg 辺りのスミレを次々と訪れて盛んに吸蜜しています。その日の活動休止する直前の栄養補給でしょう。最後にして最大のチャンス!とばかりに撮影です。スミレですと、なかなか翅全体を撮らせてくれません。

080501-b3.jpg080501-b4.jpg ようやく、やや背丈のあるスミレでいい感じで吸蜜です。これはやったんじゃないかとカメラを向けると、あらら・・・結構新鮮な個体の割りには、残念ながら両方の尾状突起が欠けてしまっています。しかし、イエローの縁毛は最高ですね。うっとりしました。

080501-b5.jpg080501-b6.jpg 吸蜜活動を終えると樹上へ上がって完全に静止モードです。空はこんな感じの曇りです。バンド発見の電話を入れておいたのでSさんが戻ってきました。お互いに下から腹部を300mmで撮影してみると、交尾嚢がちゃんと付いていました。その後、夜を過ごすためか、はるか樹上へと消えていきました。この日の撮影終了です。

080501-s.jpg この日も昼ご飯抜きで撮影していたので、最後に蕎麦を食べて白馬とお別れすることにしました。

080501-ds.jpg 途中、お土産に「大雪渓」の特別純米酒を購入しました。帰宅後、さっそく飲みましたが、えぇもんですわ。

 蝶撮影、蝶談議、酒、蕎麦と最高にリフレッシュできました。今回の走行距離927km。131円/lのガソリンで走破しました。京都に戻るとガソリン156円/lになってました。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 00:08| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

白馬訪問・その2(2008年4月30日)

 白馬滞在の2日目です。前夜はしこたま飲んで23時には熟睡していました。7時に目覚めると前日に増しての超快晴で気温も高めです。逆に、こういう日は、お天気良すぎて撮影には向かないのよねぇ〜
 早朝に前日とは違う撮影地に足を運びました(kmkurobeさん、有り難うございました)が、その後、やはりバンドが気になったので、前日の撮影地に移動して探索してみることにしました。
 予想どおり、気温が高く、飛翔し続けています。

080430-1.jpg 一瞬でしたが、ギフチョウが日光浴で下草に静止しました。こいつは前日のバンドに間違いない!と胸を高鳴らせて、今度はISO400で撮影です。が、しかし、ノーマルなギフチョウでした。その後、探索していると、どうやら当地を飛んでいるのは、ギフチョウが2頭で、残りは全てヒメギフチョウであることが分かってきました。

080430-2.jpg 気温が高く、飛び続けているので、個体確認のために飛翔写真を撮影してみると、2頭のギフチョウのうちの1頭がバンドでした。
 ちょっとピンボケ気味ですが飛翔写真を掲載します。きゃあ〜、尾状突起の周囲なんか、もろにイエローですよね。しかし、静止も吸蜜もしてくれません。

080430-3.jpg ヒメギフチョウの飛翔シーンも貼っておきましょう。なんせ気温が高く、ひたすら飛翔し続けているので、飛翔写真ばかり狙ってみましたが、やはりなかなか当たりが出ませんわ。(笑)

080430-5.jpg 結局、夕方前まで探索・撮影しましたが、唯一、まともに撮れた吸蜜シーンはカタクリでのヒメギフチョウでした。バンドの静止画像は得られずです。縁がないのかなぁ〜

080430-6.jpg080430-7.jpg 昼食抜きで撮影していたので、おなかがペコペコです。撮影を切り上げるやいなや、蕎麦屋に駆け込んでざる蕎麦を食べました。やはり信州の地元の蕎麦は最高ですね。「サービスです」と山菜のこごみが出てきました。最高に旨いっす!こごみをさっと湯がいて浅漬けにしてあるものでした。

080430-8.jpg 遅い昼食後、さっそく温泉に入って汗を流します。ちょっと足をのばし「十郎の湯」を訪れました。入浴料\600で、前日の八方温泉\500よりはかなり広く、なかなかえぇ温泉でした。

080430-9.jpg 晩ご飯は、前日に続いてkmkurobeさんにご一緒していただきました。串焼きとお持ちになられた蝶の写真を肴に数献に及んだ後、こんな感じのイリュミネーションがお洒落なショット・バーに連れて行ってもらいました。ここで飲んだテキーラ最高でしたね。
 飲んでいるとマイ師匠(と勝手に私がお呼びしている)Sさんから携帯に電話が入りました。バンドの話をすると「明日5/1に駆け付ける」とのことでした。
 この日も床につくとすぐに熟睡です。【続く】
posted by kenken(管理人) at 00:30| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

【5月4日〜5月5日】チョウ類保全シンポジウム

 「チョウ類保全シンポジウム−ギフチョウ・ヒメギフチョウ−」が5月4日〜5月5日に山形県鮭川村で開催されます。

080427-1.jpg080427-2.jpg
 チョウ類保全シンポジウムは、2007年1月に岐阜県で初めて開催されました。チョウをシンボルとして地域の自然環境を考える場として、今後、全国各地での開催が予定されています。
 第3回チョウ類保全シンポジウムが、ギフチョウ・ヒメギフチョウの混棲地でもある山形県鮭川村において次のとおり開催されます。

■開催日程:2008年5月4日(日)〜5月5日(月)
■主催:日本チョウ類保全協会
■共催:鮭川村自然保護委員会、鮭川村、鮭川村教育委員会
■開催場所:山形県鮭川村(ギフチョウ・ヒメギフチョウ混棲地)
■会場:講演会 鮭川村農村交流センター
    フィールドワーク 鮭川村内各所
■講師:海野和男氏・高嶋清明氏(昆虫写真家)・日鷹一雅氏(愛媛大学農学部)ほか

※シンポジウムへの参加申し込み、当日のプログラムなど詳細は、上記ファイルと共に主催者のHPをご参照下さい。

※野外セミナー・観察会など事前申し込みが必要なコースは、ほぼ満員になっていますのでご注意下さい。なお、5月4日15:00からの講演会は、当日参加もOKです。

※主催者の日本チョウ類保全協会については、こちらをご参照下さい。どなたでも入会することができます。
posted by kenken(管理人) at 00:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

白馬訪問・その1(2008年4月29日)

 昨シーズン、20数年ぶりに長野県白馬村を訪れたところ、完全に病みつきになってしまいました。4/28の勤務後、少し仮眠を取って、4/29に日付が変わると北陸道をひた走って白馬入りです。
 この日は、ヒメギフチョウ・ギフチョウの混生地を訪れてみました。
 昨シーズン、90mm レンズで撮影したところ、被写体に逃げられてばかりだったので、今シーズンは300mm F4 ISレンズ主体での撮影です。

080429-1.jpg まずは数頭のヒメギフチョウが迎えてくれました。カタクリの横から吸蜜していて、ちょっと変な絵ですが、被写体は新鮮ですね。
 ところで、この日、お天気良すぎました。絞り開放、ISO400で撮影したところ、この写真はシャッタースピード1/4000でした。これ以上明るいところで吸蜜されると感度が良すぎて対応できないので、ISO200まで感度を下げました。しかし、実は、これが、大きな「ぬかり」だったのです。

080429-2.jpg 今度はいい感じでカタクリにぶら下がっての吸蜜です。ちょっと飛び古した個体ですが、なかなか決まったポーズですね。
 300mmなので、遠めからでもうまく撮れて楽ちんです。

080429-3.jpg 少し後翅の赤斑の上がった新鮮な♀ですね。

080429-4.jpg ヒメギフチョウの求愛シーンです。もみあっています。どうも♀は交尾済みのようで、この後、交尾成立までには至りませんでした。

 ヒメギフばかりに遊んでもらっていましたが、ようやくギフらしき個体を発見したので追いかけてみました。

080429-5.jpg スミレで吸蜜し始めたので確認すると、うおおぉ〜、1頭目のギフチョウは、いきなり、ぴかぴかのイエローバンドでした。
 しかし、スミレで吸蜜すると下草が邪魔をして、なかなかうまく撮らせてくれません。

080429-6.jpg 辺りのスミレを飛び移りながら吸蜜するので、見失わないように追いかけると、林内の木陰になったやや背の高いスミレで吸蜜を始め、千載一遇の撮影チャンス!ところがどっこい、撮ってみると、ISO200に感度を下げていたため、絞り開放でもシャッタースピード1/125でしか切れず、なんと残念なことにやや被写体ブレの写真です。慌てて感度を上げようとカメラをいじっているうちに逃げられてしまいました。(ToT)

 もう、こうなると、バンド撮影1本です。ヒメギフには目もくれず、夕刻まで数時間、探索&張り込みをしましたが、このバンドに再会することはありませんでした。この日の撮影は切り上げです。

 さて、ところで、この日、白馬入りした際に、地元のkmkurobeさんに「突然ですが、白馬に来ております。もしご都合よろしければ今晩か明晩にお目にかかってご挨拶させていただきたい」旨のメールを入れたところ、「現在、県外ですが、夜には地元に戻るので今宵是非一献」との願えり叶えりの返信がきておりました。

080429-7.jpg まずは、汗臭いと失礼なので、入念に風呂に入っておきましょう。昨年と同様に八方温泉\500に入浴です。
 夕方近くになっても、ご覧のとおりの快晴でした。(うううっ、でも、ISO400に設定しておくんやった・・・)

080429-8.jpg こんな感じの居酒屋さんでkmkurobeさんと待ち合わせました。昼間はひたすら撮影して、夕方には温泉で汗を流し、夜は蝶撮影談議に花を咲かせて一献、これはもうこたえられませんね。
 清酒「大雪渓」「白馬錦」いずれも初めて飲みましたが、えぇ酒でした。

 翌日4/30の天気予報、「白馬は快晴」と言ってます。どんな1日になるのでしょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 19:50| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする