2007年10月30日

ルーミスシジミの開翅シーン狙い(2007年10月28日・その2)

 樹上にとまっているルーミス。なんとか近くから撮影しようと、とまっている枝ごとたぐり寄せようとしたところ、さすがに飛ばれてしまいました・・・が、しかし、この個体、S氏と私の頭上を旋回して飛翔したかと思いきや、次の瞬間、すぐ近く岩上まで降りてきましたぁ〜
 「おぉっ」っと2人で声をあげて近づくと、なんと、日光浴開翅モード!願ってもない千載一遇の撮影チャンス!すかさずS氏から、「刺激して飛ばれんように、遠めから300mmISで撮ろう!」って声が飛んで「承知!」って、2人共に300mmISで遠巻きに撮影です。

071028-45.jpg まず押さえた基本的な開翅画像がこれ。まだ越冬前で綺麗な個体ですなぁ。遠めからこのシャープな描写力、300mmISの威力は絶大ですわ。これだけの絵が撮れれば、何も言うことはありません。バシャバシャとシャッターを切っているとファインダーの視界から消えましたが・・・

071028-50.jpg 今度は、茶色っぽい岩上にとまり、全開翅です。私は斜め横から被写体に接近しましたが、S氏は真後ろから接近です。後で伺うと、「4枚の翅表全ての水色を写真に収めたく、真後ろから接近した」とのこと。う〜む、さすがによく考えておられますなぁ。どんな絵になったんやろう・・・

 後になって分かったことですが、この日、樹上から舞い降りてきたこの個体は、必ず翅裏と保護色的な白〜茶色の岩にとまりました。残暑によくとまる下草類には決してとまりませんでした。

071028-60.jpg 好みの「翅表と翅裏を同時に」って絵もゲットできました。私が斜め横から接近するのは、これが撮りたいからでもあります。ルーミスって、単純に翅表だけを撮ると、「えらく明るい色のムラサキシジミやなぁ〜」なんて思われかねませんが、翅表と翅裏を同時に撮ると、「おっ、ルーミスやんか」って一目で分かりますやろっ。

 この個体、辺りの岩上を飛び移りはしますが、遠くへは逃げない様子です。300mmISでの画像はたくさん押さえました。ならば今度は、90mm Macroでぐっと接写してみましょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:08| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする