2007年10月29日

ルーミスシジミの開翅シーン狙い(2007年10月28日・その1)

 ルーミスシジミの開翅シーン・・・開翅マニアの私には、以前から課題になっている必須アイテムです。ルーミスの撮影には、過去何度か、残暑に訪れていますが、暑い夏には決して開翅しません。開翅シーンは、秋〜冬に越冬個体の日光浴シーンを狙うしかないようですが、訪れたことはありませんでした。
 師匠(と私が勝手にお呼びしている)S氏から「撮影に行く時は誘ってほしい」と以前から言われていたのでお誘いし、一緒に和歌山県は紀伊半島最深部まで遠征することにしました。遠路なので、S氏には拙宅までお越しいたたき、車1台に相乗りです。S氏はルーミスの撮影自体が初めてで、今回は私が案内役ですが、「越冬個体の開翅シーン狙い、まったく経験がないので、まあ、今回は下見気分で行きましょう、何事も現地に行ってみてこそ知識が得られるでしょう」って気軽に出発です。

071028-10.jpg 比較的早い時間から現地入りしたので、始めのうちは気温が上がらず、まったく蝶を見かけませんでした。初めて現地で見た蝶は秋型のキタキチョウ。大切に撮影しておきましょう。90mm Macroでの画像です。

 しばらくすると快晴で気温も急上昇です。探索していると、ウラギンシジミを頻繁に目撃し、その白い翅裏に、はっとさせられます。ルーミスらしき蝶も数個体目撃しましたが、すぐに樹上に消えてしまい、証拠写真はおろか、確認もできません。探索継続していると、トチノキでしょうか、ウラギンシジミ、テングチョウなどが集まっているところにルーミスらしき蝶影が見えたので調べてみるとムラサキシジミでした。

071028-20.jpg 休眠芽から粘液質の物質が分泌され、それを吸汁しに集まっているようです。ウラギンとムラサキ、なかなか面白いシーンです。300mm ISでの画像です。

071028-30.jpg 数時間探索していると、ついに樹上にルーミスを発見!大声でS氏を呼び寄せて、まずは、お互いに証拠写真の撮影です。5時間ばかり運転してきたかいがあったというものです。300mm ISで白い翅裏を狙ってファインダーを覗くと、ひゃあ〜、樹上で日光浴開翅しとるやんかぁ〜

071028-40.jpg 上の写真と同一個体です。少し横の葉上に移動しました。葉上に何か吸汁するものがあるのか、それともこの樹上を越冬のねぐらにしているのか、執着している感じです。垣間見える翅表の水色がなんとも綺麗です。

 この個体、樹上で静止したままなので、このままでは埒があきません。2人共に証拠写真はなんとか押さえたので、少しでも近くから撮影しようと意を決して、静止している枝ごとたぐり寄せようと試みたところ、さすがに飛ばれてしまいました・・・【続く】
posted by kenken(管理人) at 23:01| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする