2007年10月24日

クロマダラ、電車でGO!(2007年10月20日・その3)

 最終回の「その3」です。「開翅マニア」なので、ついつい翅表ばかりを撮影してしまいますが、翅裏もいろいろな季節型があるようで面白いですね。意識して撮影しました。代表的な3個体ほどお目にかけましょう。

071020-75.jpg この個体は、♂の翅裏です。ちょっと黒っぽいですね。これが、「黒マダラ」って名前にはぴったりする個体でしょう。

071020-80.jpg この個体は、低温期傾向の♀の翅裏です。前回開翅シーンを掲載した低温期型♀とは違う個体です。黒マダラという名前とは違って白っぽい翅裏ですな。

071020-70.jpg この個体は、上の2つとは違って、何となく妙な雰囲気の翅裏でした。♂♀や季節型によって、翅裏もいろんなパターンがあるのですな。それにしても垂れ下がった2本の尾上突起の美しさは絶品でした。

 撮影に訪れる際、いつもアウトプットイメージを大切にしています。今回のアウトプットイメージは、「クロマダラのこんなふうな絵を撮る」というのではなくて、「撮影の一仕事終えて、駅のベンチでクロマダラの画像を肴にビールで喉を潤す」でありました。(笑)

071020-90.jpg 頭に描いていたアウトプットイメージどおりの絵が撮れました。スーパードライって久しぶりやけど、やっぱり旨いね。心地良いホロ良い気分で電車に揺られて帰るのも良いもんですわ。背景に見えるのは、子供の頃から乗りなれている阪急電車で、車両の色は昔から変わらずこんな色です。

<おわりに>
 今回のクロマダラソテツ、かなり以前から噂レベルの情報は得ていましたが、放蝶、食樹に付着しての搬入など、人為的発生の可能性が高いと推測され、積極的に探索・撮影に訪れる気になりませんでした。
 しかし、複数の知人から「クロマダラの情報を知りませんか?」と問い合わせがあったり、逆に、問い合わせもしていないのに「クロマダラ、どこそこにいますよ」といった情報が入ってきたりしたので、やはり記録を残す意味で撮影に赴こうと決心しました。
 現地で約7時間、探索・撮影を行なった際に知りえた客観的事実に基いて判断すると、やはり今回のクロマダラは人為的発生であると考えるのが最も論理的であるという結論に至りました。
 しかし、人為的発生であろうとなかろうと、現にそこで発生している蝶たちには関係のないことですね。その美しい生きた姿を写真に残しておこうと、いつもどおり心を込めて撮影することができました。
 でもね、湘南地方のアカボシゴマダラは撮りには行かないと思います。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 17:23| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする