2007年10月21日

クロマダラ、電車でGO!(2007年10月20日・その2)

 現地で出逢った方々のお話によれば、つい最近、駆除のために薬剤散布され、個体数は激減したとのこと。確かにソテツの害虫なので、仕方ないであろう。
 さて、前回は15mm Fisheyeで撮影した記録写真的な画像を掲載したが、今回は90mm Macroで撮影した画像を紹介しよう。

071020-60.jpg 早朝に見つけた最初の♂は、こんな感じで延々と60度くらいのV字開翅していた。まだ陽が昇りきっていないので、斜めからの陽射しで翅が透け、なんともお気に入りの1枚となった。

071020-65.jpg 上と同じ個体が90度超のV字開翅してくれた。左右両方の尾状突起が風で水平にたなびくのを待ったが、こんな写真が精一杯だった。尾状突起付け根の黒点がお洒落だ。

 ♀は数個体目撃したが、高温期型と低温期型が混じっていた。

071020-81.jpg この個体は、高温期型のややくたびれた♀。ソテツの中央部分に執着していた。産卵しないかとずっと見守ったが、やがて飛び去ってしまった。

071020-85.jpg この個体は、この季節ならではの、水色の部分が大きな低温期型の♀。ソテツの根元あたりに執着していた。産卵シーンにはお目にかかれなかったが、素晴らしい開翅シーンを何度も披露してくれた。

 次回は、翅裏の写真を中心に紹介しよう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:08| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする