2007年10月10日

シルビアシジミ(2007年10月7日・その2)

 「その1」で、シルビアシジミの生息環境をお見せするためにマイ師匠S氏の撮影シーンをちらりと含んだ写真を掲載したところ、皆さんとっても興味をお持ちのようでしたので、まずは、S氏の「生態写真」を追加掲載しましょう。師匠!ネタに使ってすんません。m(_ _)m

071007-55.jpg 午前中の早い時間帯は雲があって陽が射さなかったので、ほうっかむりはすぐに外されて、静止シーンをEOS30D+100mmMacroで撮影中です。シルビアのような、いわゆる「地這い系のシジミ」の撮影は、私もまったく同じですが、こんな撮影スタイルになりますね。できるだけ体の多くの面積を接地してカメラがぶれないようにしっかり構えます。右ひざ横にEOS40D+15mmFisheyeが無造作に置かれています。

071007-57.jpg 9:00を廻ると天気予報が外れてピーカン状態です。いつの間にか、例のほうっかむりが復活してました。吸蜜シーン?をEOS40D+15mmFisheyeで撮影中です。斜面にそうように体の右半分をしっかり接地して、被写体にレンズ先5cmくらいまで寄っています。向こうのほうにミヤコグサの黄色い花が咲き乱れていますねぇ。のどかな田園地帯です。

 さて、私のほうは、♂の開翅シーンを、色表現についていろいろ考えながら撮ってみました。

071007-60.jpg これが、実際に肉眼で見たシルビア♂の翅表の色に最も忠実な色に写った絵だと思います。羽化後2日程度と思われる個体で、落ち着いた深みのあるブルーです。

071007-70.jpg これは羽化直であろうと思われる個体です。まだ鱗粉が寝ているのか、あるいは陽の当たり具合のせいなのか、光り過ぎで、ヤマトシジミっぽい色ですが、ヤマトでないことを証明するために翅裏も入れておきましょう。

 nomusanさんが残念がらないように、もう1回引っ張りましょう。(笑)後は、吸蜜、産卵、交尾、飛翔といったところでしょうか。

 ところで今回は「kenken(管理人)@勤務終了直後」なブログ更新です。実は、これから職場の新メンバーの歓迎会に出かけます。沖縄料理とのことなので、またしても遠慮なく料理の写真を撮って、割り勘なので、泡盛をしこたま飲みましょう。(爆)【続く】
posted by kenken(管理人) at 17:15| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする