2007年10月08日

シルビアシジミ(2007年10月7日・その1)

 師匠(と勝手に私がお呼びしている)S氏がシルビアシジミの撮影に兵庫県までお越しになるというので、私も先日9/29の出直しとばかりに出かけることに。この日10/7の兵庫県南部の降水確率は6-12:20%、12-18:60%で、午前中は撮影にはもってこいの薄曇りと読んだ。
 ♂の開翅写真は結構撮っているので、狙いは♀の開翅写真である。

071007-10.jpg 7時過ぎにはS氏と待ち合わせした撮影地に到着、探索するとすぐに新鮮なシルビアシジミ♀を発見。まだ陽は射し込まず、じっと静止している。15mm Fisheyeで。

071007-20.jpg 同じシーンを90mm Macroで撮るとこんな感じ。この♀が開翅するまで張り込むことにしよう。

071007-25.jpg ♀が静止しているのはこんな芝型草原的環境。写真は100mm Macroでこの♀の静止シーンを撮影中のS氏。日よけ?にネズミ男のようなスタイルだ。写真のどこにシルビアがいるか分かるであろうか?シルビアとカメラの間あたりに食草のミヤコグサが自生している。向こうのほうに置いてあるのはS氏の広角撮影用のCANON EOS40D + 15mm Fisheye。

071007-30.jpg 張り込み対象の♀、まだしばらく開翅しそうにないので、静止位置に印を付けておき、さらに付近を探索してみると数頭の♂も発見。こんな感じで下草に静止している。15mm Fisheyeで2頭を一緒に捉えてみた。

071007-40.jpg だんだんと明るくなり、張り込むこと1時間程で♀は見事に開翅!この瞬間がたまらなく快感だっ。今年は気温が高めのせいか、先日のミヤマシジミと同様にさほど青くはなかったが、シックな♀もえぇもんだ。

071007-50.jpg お天気悪くなるという予報はハズレのようで、だんだんと雲がなくなり直射日光も当たり始めた。お気に入りの「翅表と翅裏を同時に」も撮影しておこう。

 ところで、S氏はあまり開翅シーンを撮ろうとされない。シルビアの開翅シーンは卒業?されたようで、この日は飛翔写真を狙うとのこと。さて、私はどうしよう。別の♀や♂の開翅シーンを狙ってみようかな。時刻はまだ9:00前だ。【続く】
posted by kenken(管理人) at 21:34| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿の夜(2007年10月5日)

 10/5〜10/6と所用があって東京に行っておりました。10/5の夕食は、新宿の高層ビルのお洒落な日本料理屋さんでした。レポートしておきましょう。もちろん自腹ではありません。(爆)

071005-10.jpg071005-20.jpg 薄明かりのテーブル席です。後ろを振り返ると、窓越しに右写真のような夜景が見えています。ここは40階です。

071005-30.jpg071005-40.jpg 割り箸と箸置きにお店の名前が入ってました。懐石料理のコースです。椀物には松茸が・・・この日も気温高めだったので、ビールから始めています

071005-50.jpg071005-60.jpg 大鉢入りのお造り・・・中トロは最高でした。右は懐石料理の八寸というやつです。ザクロとアケビは飾りで食べられません。(爆)日本料理にはやはり日本酒ということで、福井の「黒龍」を飲んでいます。

071005-70.jpg071005-80.jpg 焼き物はマナガツで、スダチも一緒に焼かれていました。なかなかのお味でした。最後は栗ご飯です。香物は水茄子が最高でした。

071005-90.jpg デザートは白ゴマのプリン?に緑茶ソースのかかったもの。
 最高に旨いお料理でした。

 10/6、新幹線に乗って夜に帰宅すると師匠(と私が勝手にお呼びしている)Sさんから連絡があり、明10/7は兵庫県までシルビアシジミの撮影にお越しになるとのこと。むむっ・・・ならば私も参りましょう。先日、♀の開翅シーン撮影狙いで行きましたが、お天気悪くて叶わなかったので。

【以下、2007-10-8画像追加&追記】
071005-95.jpg 茶碗に取り分けられる前の栗ご飯。「先ほどからお料理の写真をお撮りですよね。この栗ご飯、とても綺麗に炊き上がったので、取り分ける前に是非、写真をお取り下さい」って店の方がわざわざ釜ごと持ってきて下さいました。
posted by kenken(管理人) at 09:46| Comment(8) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする