2007年07月24日

クロシジミ♀(2007年7月22日・その1)

 今回、書き出しは、ふ*み*さん風に参りましょう。
 某種の化性(年1化/年2化)を研究している後輩から、「滋賀県産の年1化の某種の個体群のDNAを分析するのに、サンプル採集したいが、車がないので連れて行ってもらえません?」なんて電話で厚かましい依頼を受けるも、かわいい後輩には逆らえません。(笑)既知ポイントの生息確認と新ポイントの探索に(口には出さないものの、滋賀県産ヒメヒカゲの可能性の再検証を心に秘めて)出かけることに。

 さすがに若手はフットワークがえぇねぇ〜ちゃんと某種○exsサンプル採集されました。(敢えて、種名も、♂♀も、鮮度も書かないでおこう)私のほうは、ひたすら長靴で探索するも、なんの写真も撮れず、ヒメヒカゲのイメージばかり追いかけて、疲れましたわぁ〜(ふ*み*さん、やっぱり滋賀県にはおらんのかね、ヒメヒカゲ)
 歯切れの悪い記事はこれくらいにしておいて・・・

 何も写真がないのは寂しいので、帰り道、滋賀県内のクロシジミの生息地に立ち寄り、今度はクロシジミ♀に狙いを定めて撮影。

070722-1.jpg070722-2.jpg 通常型と白化型、並べてみると違いがよく分かりますねぇ。

070722-3.jpg この日は、簡単に開翅しました。私好みの「翅表と翅裏を同時に」表現してみました。この日、♂もよく開翅してましたが、こういう時に限って、目撃するのはスレ、欠け個体ばかり。
 ところで、どうも、CANON EOS KISS-DNにトラブル発生の雰囲気です。上の閉翅画像も実はそうなんですが、露出がうまく決まっていない感じで、画像が全体的に白っぽく写ってしまいます。写真はいずれも「RAW」で撮影した画像を現像時に露出補正してレタッチしてますが、どうもこれまでと違って違和感ありです。さすがにハードな使い方してるし、寿命かも・・・もう1台30D買おうかな。

 新兵器のコンデジ RICOH GX100 は快調です。もう1回引っ張って、次回はGX100の絵をおめにかけましょう。クロシジミっていうと、アブラムシの湧くススキやコナラに産卵ってことが多いのですが、私的には初めての植物での産卵確認、しかも2種類ですわ。何だと思いますか?【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:07| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする