2007年07月19日

2つの新兵器の活躍(2007年7月16日・その2)

 キリシマを切り上げた後、種々の蝶の撮影地探索に出かけましたが、15:00頃から激しい雨になり撤収しました。その間、2つの「新兵器」で撮影した白化傾向のクロシジミ♂を掲載しておきましょう。開翅シーンを待ちましたが、雨になりました。

070716-4.jpg 2mほど離れた地点から望遠マクロ的に撮影するとこんな感じ。
【撮影データ】CANON EOS 30D + EF300mmF4L IS、絞り優先AE、Av:4.0、Tv:1/2000、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:200

070716-5.jpg 生息地であるススキが散在する荒地的環境を写し込むとこんな感じ。
【撮影データ】カメラ機種名:RICOH Caplio GX100、撮影モード:プログラムシフト、Tv:1/400、Av:4.6、露出補正:-0.3、ISO:100、マクロ撮影:ON
 来シーズンになるかしれませんが、次回の撮影に向けての探索&下見と、2つめの「新兵器」の試写でしたが、その割には、良い写真が撮れたかな。(笑)
 この日の走行距離222km。

【RICOH Caplio GX100をお使いの皆さんへ】
 RICOH Caplio GX100で試写したところ、マクロ撮影でかなり厳しいAF(オートフォーカス)の精度を要求されるシーンで、超々軽微ですがAF精度に不満を感じました。で、帰宅後、製造メーカーのHPを調べてみたところ、ありましたねぇ〜カメラのファームウェアのバージョンアップが!
 マイカメラのファームウェアを確認したところV1.12でしたが、そこから2回更新されて最新版はV1.14でした。この2回の更新内容には「AF時のレンズ制御の安定性を向上」「AFの精度を向上」ってのが含まれていたので、さっそくHPの指示に従ってファームウェアを更新しました。ズバリ!AFの精度の不満が解消されました。
 GX100をお使いの皆さん、是非、ファームウェアのバージョンアップをお忘れなく!【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 18:17| Comment(6) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする