2007年07月17日

2つの新兵器の活躍(2007年7月16日・その1)

 ご承知のとおり、先頃からCANON EF300mmF4L ISという「新兵器」を実戦配備しました。で、またしても「Zephyrus類の開翅写真」に真面目に取り組もうと、今度は、滋賀県〜三重県を探索です。

070716-1.jpg もちろん、メインの撮影対象はこいつ、キリシマミドリシジミ。日向の梢に♂を発見。開きそうで開かない・・・まあ、こういったエメラルドグリーンのチラリズムもいいもんです。
【撮影データ】CANON EOS 30D + EF300mmF4L IS、絞り優先AE、Av:4.0、Tv:1/1600、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:200

070716-2.jpg 日陰の葉上の♀を発見。待つこと小1時間、太陽の位置が変わり、陽が当たり始めると、ほんの短い間でしたが、見事な翅表を披露してくれました。
【撮影データ】CANON EOS 30D + EF300mmF4L IS、絞り優先AE、Av:4.0、Tv:1/2000、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:200

 前回記事に「カメラ量販店に行くついで」って書いてましたが、実は、前日7/15に、新たな「新兵器」を購入してしまいました。コンデジは「バリアングル液晶モニター」にこだわりがあったのですが、ブログの皆さんの画像を見ていると、あまりに素晴らしいので、たまらず購入です。以下の画像をご覧下さい。

070716-3.jpg この日は風景写真くらいしか使う機会はないかなと思いながらも、一応ポケットに入れておいて正解でした。こともあろうに、キリシマの♂が目の前の茂みの中に舞い降りてきたので、さっそく試写してみました。
【撮影データ】カメラ機種名:RICOH Caplio GX100、撮影モード:プログラムシフト、Tv:1/73、Av:5.7、露出補正:-0.3、ISO:100、マクロ撮影:ON

 今年はキリシマは不作のように思います。個体数は少なく、待っていても良いことはなさそうでしたし、一応の証拠写真は撮れたので、昼頃にキリシマは切り上げて、次の被写体の探索に出かけました。【続く】
posted by kenken(管理人) at 12:15| Comment(16) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする