2007年07月10日

夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日・その1)

 7/7は、熊本県で撮影しているハズだったのですが、前日の天気予報で遠征は見送りです。午前中、自宅でテレビを見ていたら「熊本県の俵山では1時間に62mmの記録的な大雨です」って報道してますな。見送りは正解でした。
 で、7/7は、急遽予定変更し、昼前から兵庫県ハチ高原へ向けて出発です。翌日7/8の「夏のチョウ観察会」に参加するために現地で前泊されるメンバーと夕食を共にしてお話しするのが、この日の最大の関心事です。
 とは言うものの、途中、来シーズンに向けて、キマリンの撮影地の下見に兵庫県下を何ヶ所か回り、現地に到着したのは夕刻でした。とりあえず、現地で、この時期に飛んでいる蝶を撮影しておこうと草原に入り、CANON EOS30D + EF300F4ISで証拠写真的に撮影しておきました。いずれもプログラムAEモードでの撮影です。

070707-1.jpg コキマダラセセリ。
 「コ」って名前がつく割りには大きいんですよねぇ。特に中国地方の個体は、信州の個体に比べると更に大きいように感じます。きちんと翅表を撮影しておきました。

070707-2.jpg ウラギンヒョウモン。
 さすがに300mmですと1.5m位離れて撮影できるので、被写体に逃げられることは少ないですが、なかなか真上から翅表全体をフラットに撮影できる機会は少ないですわ。

070707-3.jpg ウスイロヒョウモンモドキ。
 今年も会えました。観察会の主役ですね。
 念のために書いておきますと・・・
 昨2006年7月より、ウスイロヒョウモンモドキは、自然公園法による「指定動物」となり、当地ハチ高原一帯を含めて、氷ノ山後山那岐山国定公園においては、許可なく採集することはできません。


 ウスイロ君にも会えたので、さっと撮影は切り上げて、宿泊先のロッジに早めに到着し、翌日7/8の観察会に向けての前泊メンバーと合流し、ひと風呂浴びてすき焼きを囲んで宴会です。

070707-4.jpg ブログ仲間のtheclaさんbanyanさんもお越しです。その他、某むし関係の月刊誌の編集者さん、某昆虫同好会の有名人さん、某博物館の館長さんほか、いろんな方とお会いして、蝶談義に花が咲きました。
 次回は、観察会ならではの面白い画像をおめにかけましょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:12| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする