2007年07月31日

セセリチョウ類(2007年7月28日・その2)

 90mmMACROで証拠写真は撮れたので、次は、コンデジGX100で「いかに自然と一体化して蝶に近づくことができるか」という当サイトの原点に立ち返ってホシチャと戯れました。
 明るい草原をバックに地味で小さなセセリチョウをGX100で普通に撮ると、露出オーバーで白飛びした画像を連発します。で、露出補正や内臓ストロボなど、設定をいろいろといじりながら撮影してみました。以下に代表的な3枚をおめにかけましょう。

070728-3.jpg がんがんの直射日光下での1枚。思いっきり露出アンダー補正して撮ってみました。
【撮影データ】絞り優先モード、Av:5.1、Tv:1/1410、露出補正:-1.7、ISO感度:100

070728-4.jpg 雲で陽がかげった瞬間、私好みの「翅表と翅裏を同時に」の1枚。1段階だけ露出アンダー補正してみました。
【撮影データ】絞り優先モード、Av:5.1、Tv:1/217、露出補正:-0.3、ISO感度100

070728-5.jpg 入道雲が発生し怪しい空模様のもとで「斜め上45度逆光開翅友の会」用に1枚。このカメラ、マクロ撮影用にストロボ「ソフト発光」ってのがあるんですな。
【撮影データ】絞り優先モード、Av:6.5、Tv:1/2000、露出補正:-0.7、ISO感度:100、ストロボ:ソフト発光

 ところで、前回の記事を掲載するやいなや、同級生のY君から「ブログ見てますよ」ってメールをいただきました。有り難う〜 貴殿は「one of my respected 蝶屋さんs」なので、とても嬉しいです。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 20:50| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

セセリチョウ類(2007年7月28日・その1)

 同級生のY君はセセリチョウ好きだ。今は仕事の関係で関東住まいであるが、彼がまだ関西住まいだった数年前、兵庫県北部にセセリチョウ類の探索に一緒に出かけたことがあった。そんなことを思い出しながら、この日、兵庫県北部にセセリチョウ類の探索に出かけてみた。

070728-1.jpg070728-2.jpg ホシチャバネセセリを撮影するのは初めてなので、まずはきちんとマクロ撮影をしてみた。EOS KISS DN + TAMROM90mmMACROで。この日は最初のうちはピーカンのお天気で、明るい背景にピントを持っていかれてしまってAFでのピント合わせに苦しんだ。セセリチョウ類の撮影は結構難しい。ちょっと雲が出て陽がかげった瞬間が撮影チャンスだ。なんとか90mmMACROで証拠写真は撮れたので、次は、コンデジGX100で広角画像を狙うことに。【続く】
 ところで、Y君、このブログ見てるのかなぁ〜
posted by kenken(管理人) at 22:20| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

クロシジミ♀(2007年7月22日・その2)

 お待たせしました。GX100でのクロシジミ♀の画像を一挙におめにかけましょう。

070722-4.jpg ススキでのV字開翅シーンを真上からベタに撮ってみました。コンデジならではの被写界深度の深さで、翅全体にピンがいってますねぇ〜こりゃ楽チンな撮影です。

070722-5.jpg 山間部での生息地の様子を背景に入れて、横位置広角で。ここの植生は、結構豊富でしたね。上の写真と同一個体です。

070722-6.jpg 上の2つの絵とは異なるマツの生える荒地的環境の生息地を背景に、縦位置広角で。

 この日、噂には聞いていたのですが、2種類の植物への産卵を、私的に初めて確認しました。以下に写真をおめにかけます。GX100のマクロ撮影機能はなかなかのもんです。前のコンデジCANON G3では、こうは撮れないです。卵がくっきりで驚きです。

070722-7.jpg スイカズラ科のタニウツギの若葉に産卵。アブラムシもちゃんと付いていますね。多くのクロオオアリがちょこまかと周囲を忙しく歩き回っていました。植物には手を触れず、ありのままの位置での撮影です。

070722-8.jpg おっと、きみきみ!いつからミヤマシジミになったんじゃあ?マメ科のコマツナギに産卵。葉裏への産卵だったので、葉を手で裏返しての撮影です。クロオオアリには逃げられました〜
 なんや、かんやでこの日の走行距離118Km。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 17:22| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

クロシジミ♀(2007年7月22日・その1)

 今回、書き出しは、ふ*み*さん風に参りましょう。
 某種の化性(年1化/年2化)を研究している後輩から、「滋賀県産の年1化の某種の個体群のDNAを分析するのに、サンプル採集したいが、車がないので連れて行ってもらえません?」なんて電話で厚かましい依頼を受けるも、かわいい後輩には逆らえません。(笑)既知ポイントの生息確認と新ポイントの探索に(口には出さないものの、滋賀県産ヒメヒカゲの可能性の再検証を心に秘めて)出かけることに。

 さすがに若手はフットワークがえぇねぇ〜ちゃんと某種○exsサンプル採集されました。(敢えて、種名も、♂♀も、鮮度も書かないでおこう)私のほうは、ひたすら長靴で探索するも、なんの写真も撮れず、ヒメヒカゲのイメージばかり追いかけて、疲れましたわぁ〜(ふ*み*さん、やっぱり滋賀県にはおらんのかね、ヒメヒカゲ)
 歯切れの悪い記事はこれくらいにしておいて・・・

 何も写真がないのは寂しいので、帰り道、滋賀県内のクロシジミの生息地に立ち寄り、今度はクロシジミ♀に狙いを定めて撮影。

070722-1.jpg070722-2.jpg 通常型と白化型、並べてみると違いがよく分かりますねぇ。

070722-3.jpg この日は、簡単に開翅しました。私好みの「翅表と翅裏を同時に」表現してみました。この日、♂もよく開翅してましたが、こういう時に限って、目撃するのはスレ、欠け個体ばかり。
 ところで、どうも、CANON EOS KISS-DNにトラブル発生の雰囲気です。上の閉翅画像も実はそうなんですが、露出がうまく決まっていない感じで、画像が全体的に白っぽく写ってしまいます。写真はいずれも「RAW」で撮影した画像を現像時に露出補正してレタッチしてますが、どうもこれまでと違って違和感ありです。さすがにハードな使い方してるし、寿命かも・・・もう1台30D買おうかな。

 新兵器のコンデジ RICOH GX100 は快調です。もう1回引っ張って、次回はGX100の絵をおめにかけましょう。クロシジミっていうと、アブラムシの湧くススキやコナラに産卵ってことが多いのですが、私的には初めての植物での産卵確認、しかも2種類ですわ。何だと思いますか?【続く】
posted by kenken(管理人) at 20:07| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

クロヒカゲモドキ♀

 久々にブログを即日更新しましょう。実は、本日は休日勤務だったのですが、2時間ほど自由になる時間帯があったので、京都府南部の既知フィールドで、クロヒカゲモドキに、しかも♀だけにターゲットを絞って2時間1本勝負。ズバリ、発見しました!

070721-01.jpg 明るい曇りで気温が高く、活動モードで、時々、翅をピクッとやってましたね。敏感でしたが、新兵器の300mmなら刺激を与えずに遠めから、こんな感じで撮れます。
【撮影データ】CANON EOS 30D + EF300mm F4L IS、絞り優先AE、Tv:1/250、Av:4.0、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:200

070721-02.jpg 同じシーンをこれまでの90mm MACROで撮るとこんな感じ。これ以上近寄ると、気配を察して飛ばれそう。
 う〜む、こいつね、ホンマに開翅しそうでしたが、結局、開きませんでした〜(涙)
【撮影データ】CANON EOS KISS DN + TAMRON90mm MACRO、絞り優先AE、Tv:1/200、Av:2.8、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:100

070721-03.jpg 新兵器のコンデジ、もう使い方には慣れました。「マクロ撮影」に切り替えると、フォーカスポイントが自由に移動できるのがこのカメラの魅力です。縦位置でフォーカスポイントを下に移動して撮ってみましたが、さすがにコンデジ、絞り開放なのに被写界深度深いねぇ〜
【撮影データ】RICOH Caplio GX100、絞り優先AE、Tv:1/189、Av:2.5、露出補正:-0.3、ISO:100

070721-04.jpg 今度は横位置広角で、やや絞って、さらに被写界深度を深めてみました。このカメラ、CCDによる手ブレ補正が付いていて、この↓シャッタースピードでこのブレない画像、大したもんです。
【撮影データ】RICOH Caplio GX100、絞り優先AE、Tv:1/36、Av:5.1、露出補正:-0.3、ISO:100

 という訳で、15mm Fisheyeはお休みしてます。広角はしばらくコンデジで狙ってみましょう。
posted by kenken(管理人) at 23:48| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

2つの新兵器の活躍(2007年7月16日・その2)

 キリシマを切り上げた後、種々の蝶の撮影地探索に出かけましたが、15:00頃から激しい雨になり撤収しました。その間、2つの「新兵器」で撮影した白化傾向のクロシジミ♂を掲載しておきましょう。開翅シーンを待ちましたが、雨になりました。

070716-4.jpg 2mほど離れた地点から望遠マクロ的に撮影するとこんな感じ。
【撮影データ】CANON EOS 30D + EF300mmF4L IS、絞り優先AE、Av:4.0、Tv:1/2000、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:200

070716-5.jpg 生息地であるススキが散在する荒地的環境を写し込むとこんな感じ。
【撮影データ】カメラ機種名:RICOH Caplio GX100、撮影モード:プログラムシフト、Tv:1/400、Av:4.6、露出補正:-0.3、ISO:100、マクロ撮影:ON
 来シーズンになるかしれませんが、次回の撮影に向けての探索&下見と、2つめの「新兵器」の試写でしたが、その割には、良い写真が撮れたかな。(笑)
 この日の走行距離222km。

【RICOH Caplio GX100をお使いの皆さんへ】
 RICOH Caplio GX100で試写したところ、マクロ撮影でかなり厳しいAF(オートフォーカス)の精度を要求されるシーンで、超々軽微ですがAF精度に不満を感じました。で、帰宅後、製造メーカーのHPを調べてみたところ、ありましたねぇ〜カメラのファームウェアのバージョンアップが!
 マイカメラのファームウェアを確認したところV1.12でしたが、そこから2回更新されて最新版はV1.14でした。この2回の更新内容には「AF時のレンズ制御の安定性を向上」「AFの精度を向上」ってのが含まれていたので、さっそくHPの指示に従ってファームウェアを更新しました。ズバリ!AFの精度の不満が解消されました。
 GX100をお使いの皆さん、是非、ファームウェアのバージョンアップをお忘れなく!【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 18:17| Comment(6) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

2つの新兵器の活躍(2007年7月16日・その1)

 ご承知のとおり、先頃からCANON EF300mmF4L ISという「新兵器」を実戦配備しました。で、またしても「Zephyrus類の開翅写真」に真面目に取り組もうと、今度は、滋賀県〜三重県を探索です。

070716-1.jpg もちろん、メインの撮影対象はこいつ、キリシマミドリシジミ。日向の梢に♂を発見。開きそうで開かない・・・まあ、こういったエメラルドグリーンのチラリズムもいいもんです。
【撮影データ】CANON EOS 30D + EF300mmF4L IS、絞り優先AE、Av:4.0、Tv:1/1600、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:200

070716-2.jpg 日陰の葉上の♀を発見。待つこと小1時間、太陽の位置が変わり、陽が当たり始めると、ほんの短い間でしたが、見事な翅表を披露してくれました。
【撮影データ】CANON EOS 30D + EF300mmF4L IS、絞り優先AE、Av:4.0、Tv:1/2000、評価測光、露出補正:-1/3、ISO:200

 前回記事に「カメラ量販店に行くついで」って書いてましたが、実は、前日7/15に、新たな「新兵器」を購入してしまいました。コンデジは「バリアングル液晶モニター」にこだわりがあったのですが、ブログの皆さんの画像を見ていると、あまりに素晴らしいので、たまらず購入です。以下の画像をご覧下さい。

070716-3.jpg この日は風景写真くらいしか使う機会はないかなと思いながらも、一応ポケットに入れておいて正解でした。こともあろうに、キリシマの♂が目の前の茂みの中に舞い降りてきたので、さっそく試写してみました。
【撮影データ】カメラ機種名:RICOH Caplio GX100、撮影モード:プログラムシフト、Tv:1/73、Av:5.7、露出補正:-0.3、ISO:100、マクロ撮影:ON

 今年はキリシマは不作のように思います。個体数は少なく、待っていても良いことはなさそうでしたし、一応の証拠写真は撮れたので、昼頃にキリシマは切り上げて、次の被写体の探索に出かけました。【続く】
posted by kenken(管理人) at 12:15| Comment(16) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日・その4)

070715g.jpg 今日は、7/15です。撮影に出られないお天気ではなかったのですが、台風の影響でやや風があり、例えば「クロヒカゲモドキの開翅シーン」なんぞに巡り会えても、風による被写体ブレで撮影困難とみて連日の完全休養にしました。
 昼からは微妙に青空ものぞくお天気になり、カメラ量販店に行くついでに、山鉾が集う京都の夏の風物詩の祇園祭にも行ってきました。写真は「函谷鉾」です。

 お待たせしました。「夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日)」の最終回「その4」を書きましょう。
------------------------------
 観察地で最も多い蝶はウラギンヒョウモンです。普通種ですが、見かけると、その中にオオウラギンヒョウモンが混じっていないか、いつも全数チェックしています。(笑)すると、何やらちょっと見慣れないヒョウモンがいるではありませんか・・・

070708-21.jpg070708-22.jpg

 眼を凝らして見ると、ウラギンヒョウモンの黒化型?でした。活発に活動中だったので、逃げられる前に証拠写真を撮るべく、被写界深度を得ようと、とっさにCANON EOS30D + TAMORON 90mm Macroを絞り優先モードからプログラムAEモードに切り替えて、とにかくバシャバシャ撮ってみました。
 この個体、数枚撮らせてくれた後、パッと飛び上がると多数のウラギンヒョウモンに混じってしまいました。こうなると、「大草原の中に落ちた1本の針を探すようなもの」で、その後、時間のある限り探索、待ち伏せしましたが、再度おめにかかることはありませんでした。
 こういう斑紋異常はよくあるのでしょうか?お詳しい方、ご教示いただけると幸いです。私には、観察会の良いお土産画像になりました。2日間での走行距離365km。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 18:15| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日・その3)

 今日は7/14です。梅雨前線と台風の影響で朝から雨で、自宅で完全休養しています。「夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日)」の「その3」を書きましょう。
------------------------------
 前日の7/8はCANON EOS30D + EF300F4ISで証拠写真的撮影でしたが、この日7/8は、CANON EOS30D + TAMORON 90mm Macro と CANON EOS KISS-DN + SIGMA 15mm Fisheye というお馴染みの構成で撮影です。観察会の主役であるウスイロ君の生態写真です。

070708-11.jpg 標準的なお顔の♂です。まだ羽化直で翅がふにょい感じですね。次にお見せする黒っぽい個体と見比べて下さい。

070708-12.jpg070708-13.jpg 黒っぽいお顔の♂です。なかなか格好いい個体で、お気に入りの「翅表と翅裏を同時に」って写真も撮りました。

070708-14.jpg ♀もお目にかけましょう。オカトラノオを訪花しています。15mm Fisheyeで接写しようとぐっと寄ったところ、こちらの気配を察して、♂が来たの思ったのかな、お尻を上げて交尾拒否っぽいポーズをしています。(笑)

070708-15.jpg070708-16.jpg 何組か遭遇した求愛シーンのひとつ。いずれも見守りましたが、交尾には至りませんでした。

070708-17.jpg070708-18.jpg へたくそですが、飛翔写真も。50cmくらいに置きピンして、シャッタースピード優先1/800での撮影です。なかなか画面の真ん中には入りません。(笑)

 主役のウスイロ君の写真も出たので記事的には「おしまい」ってことになりそうですが、もう1回だけ引っ張りますね。
 実は、求愛中のウスイロ君を追跡している際に、これは!と思わせる蝶に出会い、ウスイロ君そっちのけで追跡・撮影した蝶がいました。何だと思いますか?お楽しみに〜【続く】
posted by kenken(管理人) at 16:52| Comment(24) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

夏のチョウ観察会(2007年7月7日〜7月8日・その2)

 7/8の兵庫県ハチ高原「夏のチョウ観察会」の様子です。
 参加者は約70名。開会にあたって3名の方から挨拶があり、その後、ウスイロヒョウモンモドキを中心にハチ高原で見られる蝶について説明がなされました。
070708-01.jpg070708-02.jpg

070708-03.jpg070708-04.jpg

<写真左上>「兵庫ウスイロヒョウモンモドキを守る会」の会長さんの挨拶、地元の観光協会の前会長さんです。
<写真右上> ウスイロの生息地の土地管理者さんの挨拶、「今は環境省がウスイロを守れと言ってくれているので、活動がし易くなった」と。
<写真左下> 兵庫県健康生活部環境生活局自然環境課長さんの挨拶、行政サイドの代表ですね。
<写真右下> 事務局より、ハチ高原で見られる蝶について、初心者にも分かるように、パワーポイントによる説明がなされました。

 開会の挨拶や簡単な蝶の説明が終わった後、約70人ほどで観察地入りです。観察地では、既に、ウスイロのマーキング調査部隊が活動中でした。もちろん、ここのウスイロは自然公園法で捕獲規制がかかっているので、兵庫県から正式に許可をもらってマーキング調査しています。

 観察会ともなると、カメラ持参の方が多いですなぁ。特に、観察会の主役であるウスイロ君の人気は抜群で、汗ばんだ体で撮影しようと近づくと、サービス満点で、すぐに汗を吸いに来てくれます。

070708-05.jpg それ、SONYのα100+TAMRONの18-250mmやね。ボディで手振れ防止できるこのカメラ、一度使ってみたい・・・しかし、どんなにえぇカメラでも、カメラにとまったウスイロ君は撮影できませんね。(笑)

070708-06.jpg 首からぶら下げた汗ばんだカメラポーチに来ましたね。ほぉ〜、ウスイロ君を入れてノーモニターで自画像撮影ですかっ!それ、私の欲しかったRICOHのCaplio GX8やんかぁ〜 今はGX100って新機種になってますね。

070708-07.jpg 今度は汗ばんだズボンにも来ましたね。がに股になって記念撮影ですな。(笑)このウスイロ君、よくみるとマーキングされています。ちょっと見難いかもしれませんが、赤いマジックで「22」って書いてあります。

070708-08.jpg 観察地にある捕獲禁止を周知する立て看板はこんな感じ。看板が打ち付けられている杭の頭に何やらアクセサリーが・・・これ、本物のウスイロ君です。湿った木杭で吸水中。

 今回は、観察会ならではの画像をおめにかけました。次回は、主役のウスイロ君を撮った画像をおめにかけましょう。【続く】
posted by kenken(管理人) at 06:45| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする