2007年06月25日

梅雨の晴れ間のフル活動(2007年6月16〜17日・その2)

 お待たせしました。前々回記事の続編(その2)です。
 この2日間はキマリン撮影地の探索活動中心だったため、樹上でテリを張っても証拠写真が撮影できるようにと、手持ちのカメラの構成は次のとおりでした。
・一眼デジ:CANON EOS 30D + CANON EF300mmIS
・一眼デジ:CANON EOS KISS DN + SIGMA 15mmFISHEYE
・コンデジ:CANON PowerShot G3
 いつも威力を発揮するTAMRON 90mm MACROはザックの中です。一眼デジでの画像は前々回「その1」の記事でお見せしているので、今回はコンデジCANON PowerShot G3での画像をお目にかけましょう。このカメラは2002年11月に発売された1/1.8型、410万画素、原色CCD、私がこだわる「バリアングル液晶モニター」装着機です。

070625-1.jpg まずはテリ張り時の水平開翅を真上から。こういう場合、両手でカメラを持って、そお〜っと被写体の真上に持っていってバリアングル液晶モニターで画像確認しながら撮影できるのがこのカメラの強みです。410万画素機で、たいした画像ではありませんが、それなりに撮れますね。
 撮影モード:プログラムAE、シャッター速度:1/50、絞り数値:3.2、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:オート、焦点距離:7.2mm(ワイド端)、AF測距モード:マクロ

070625-2.jpg 正面上から眼とカメラをにらめっこさせての緊張感のある1枚。コンデジだとCCDが小さい分、被写界深度が稼げるので、この位置からもなんとか4本の尾状突起の先端の白を表現できますな。感度が悪いのでシャッタースピード稼げず、こんなもんでしょう。
 撮影モード:プログラムAE、シャッター速度:1/50、絞り数値:4.0、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:オート、焦点距離:7.2mm(ワイド端)、AF測距モード:マクロ

070625-3.jpg 最後は、「斜め上逆光開翅友の会」のメンバーとしては押さえておかねばならない1枚です。(笑)この日、山間部ではこんな梅雨空だったので、さすがに自然光だけでの撮影は厳しく、内蔵ストロボをディフューザー付けて最弱で炊いてます。
 撮影モード:プログラムAE、シャッター速度:1/250、絞り数値:4.5、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:オート、焦点距離:7.2mm(ワイド端)、内蔵ストロボ:発光、ストロボ調光補正:-2(最弱/ディフューザー使用)、AF測距モード:マクロ

 一眼デジ、コンデジ共に、まだまだ多くの画像がありますが、今回はこれくらいにしておいて、またシーズン・オフに披露できるように取り置きしておきましょう。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 22:03| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする