2007年06月30日

How many キマダラs(2007年6月27日・その1)

 日本産の蝶で「キマダラ」って名のつくのは7種類だったっけ?ふと、そんなことを考えながら・・・この日は、久々に何の仕事の予定もない「空白の1日」が発生したので、えいやっ!と休みを取って、兵庫、岡山、鳥取の3県で、前から気になっていた地域を探索&来シーズンの撮影に向けての下見に行ってきました。
 高速を使えば兵庫/岡山県境辺りには3時間もあれば到着です。
 まずは One of キマダラs に遭遇しました。(笑)

070627-2.jpg 珍しく、葉上に静止!これまでこいつの開翅を目撃したのは、全て葉上です。樹幹静止では開きません。
 で、開翅しそうな雰囲気がほんの少しあったのですが、これだけ陽射しが強くなって気温が高いとやはり活動モードで開きませんなぁ〜
 CANON EOS KISS-DN + SIGMA 15mm Fisheye

070627-1.jpg もう開翅の望める時間帯ではなくなりました。見かけた個体は次々と飛び去るか又は樹上に舞い上がって吸汁と、活動モードです。やはり、樹幹の似合う蝶ですな。
 CANON EOS 30D + CANON EF300mm IS

 ん〜っと、今回は、もちろんこいつがメインの探索&下見ではありません。ちゃっちゃと切り上げて、探索&下見の継続です。【続く】

<2007-6-30追記>
 数え忘れていたのがありました〜
 日本産の蝶で「キマダラ」って名のつくのは9種類かな!?
posted by kenken(管理人) at 18:12| Comment(21) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

梅雨の晴れ間のフル活動(2007年6月16〜17日・その2)

 お待たせしました。前々回記事の続編(その2)です。
 この2日間はキマリン撮影地の探索活動中心だったため、樹上でテリを張っても証拠写真が撮影できるようにと、手持ちのカメラの構成は次のとおりでした。
・一眼デジ:CANON EOS 30D + CANON EF300mmIS
・一眼デジ:CANON EOS KISS DN + SIGMA 15mmFISHEYE
・コンデジ:CANON PowerShot G3
 いつも威力を発揮するTAMRON 90mm MACROはザックの中です。一眼デジでの画像は前々回「その1」の記事でお見せしているので、今回はコンデジCANON PowerShot G3での画像をお目にかけましょう。このカメラは2002年11月に発売された1/1.8型、410万画素、原色CCD、私がこだわる「バリアングル液晶モニター」装着機です。

070625-1.jpg まずはテリ張り時の水平開翅を真上から。こういう場合、両手でカメラを持って、そお〜っと被写体の真上に持っていってバリアングル液晶モニターで画像確認しながら撮影できるのがこのカメラの強みです。410万画素機で、たいした画像ではありませんが、それなりに撮れますね。
 撮影モード:プログラムAE、シャッター速度:1/50、絞り数値:3.2、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:オート、焦点距離:7.2mm(ワイド端)、AF測距モード:マクロ

070625-2.jpg 正面上から眼とカメラをにらめっこさせての緊張感のある1枚。コンデジだとCCDが小さい分、被写界深度が稼げるので、この位置からもなんとか4本の尾状突起の先端の白を表現できますな。感度が悪いのでシャッタースピード稼げず、こんなもんでしょう。
 撮影モード:プログラムAE、シャッター速度:1/50、絞り数値:4.0、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:オート、焦点距離:7.2mm(ワイド端)、AF測距モード:マクロ

070625-3.jpg 最後は、「斜め上逆光開翅友の会」のメンバーとしては押さえておかねばならない1枚です。(笑)この日、山間部ではこんな梅雨空だったので、さすがに自然光だけでの撮影は厳しく、内蔵ストロボをディフューザー付けて最弱で炊いてます。
 撮影モード:プログラムAE、シャッター速度:1/250、絞り数値:4.5、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:オート、焦点距離:7.2mm(ワイド端)、内蔵ストロボ:発光、ストロボ調光補正:-2(最弱/ディフューザー使用)、AF測距モード:マクロ

 一眼デジ、コンデジ共に、まだまだ多くの画像がありますが、今回はこれくらいにしておいて、またシーズン・オフに披露できるように取り置きしておきましょう。【おしまい】
posted by kenken(管理人) at 22:03| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

梅雨の晴れ間のプチ活動(2007年6月23日)

 6/23、えぇ天気でしたねぇ〜この日は蝶とは関係のない大切な用事があったので、時間限定の「プチ活動」でした。

070623k.jpg 蝶と蟻の関係を真面目に学問しておられる知人から「キマダラルリツバメの母蝶をみつけたら送ってほしい」との依頼を受けております。前日6/22は一日中雨。ということは、スッキリ晴れたこの日なら、お腹を空かせたキマリンが朝からヒメジョオンでお食事中であろうと予想し、京都市内の吸蜜ポイントへ行ってみると読み通り吸蜜中の個体に出会うことができました。(ふ*み*さん、すいません!文章をパクッテしまいました)ううっ、しかし、なぜか飛び古した♂ばかり・・・ご依頼にお応えできず、すんません。
 ところで、前回記事の撮影行から、15mmFisheyeで被写体を中央に置いて撮影可能最短距離付近での超接写にハマりました。今回もこんな絵を撮ってみました。

070623r.jpg この日は昼飯に、京都市内にいくつかチェーン店を出している「来来亭」を訪れました。私ね、このチェーン店のラーメン結構好きです。細麺です。「麺硬いめ、ねぎ多いめ」などど好みを述べると対応してくれます。いわゆる豚の背油系の醤油ラーメンで、スープに「天かす」のように浮いているのが豚の背油です。私ね、ここのラーメン、必ず「お酢」をかけて食べます。結構いけますよ。皆さんも試してみて下さい。

 ここのところ、撮影にパワーを使いきっておりまして、ブログの更新がのんびりペースになっております。前回記事「梅雨の晴れ間のフル活動(2007年6月16〜17日)」の「その2」以降は、後日にひっぱりますね。

 ブログをリンクしていただいている皆さんのブログ、ROMですが、いつも必ず拝見していますよ〜
posted by kenken(管理人) at 07:37| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

梅雨の晴れ間のフル活動(2007年6月16〜17日・その1)

 6/16、6/17、予想に反して梅雨の晴れ間でしたねぇ〜両日ともに日帰りですが、京都、兵庫、大阪の3府県、のべ360km走行して10数箇所で、キマダラルリツバメを中心に、既知ポイントの検証と新規撮影ポイントの開拓と、フル活動しとりました。環境の変化等に伴ない、「ここ、もうおらんなぁ」「ここ、撮影にはばっちり」などと、一喜一憂ですな。
 最近、ふ*み*さんのようにひっぱり気味の記事が多いですが、今回は結論からまいりましょう。とびきりの画像からお目にかけましょう。
 はっきり言ってこいつ、採集するのはさほど難しくはありませんが、綺麗な画像を撮影するとなると難易度が上がりますね。ですが、それゆえ、そんな被写体に向けてシャッターを切っている瞬間が、最も充実していて、心が癒される瞬間でもあります。

070618k-1.jpg 6月から導入している300mmISでの1枚。この日はEOS 30Dに装着。このレンズ、最短撮影距離は1.5mなので、1.5m下方に見おろす位置にテリを張る・・・そういう撮影し易い環境って、なかなかないんですよねぇ〜
 それにしても、イタドリの葉って、いろんな蝶がとまりますなぁ。
 何度も書きますが、4本の尾状突起の先端の白を全て表現してこそ、この蝶を「美しく撮った」と言えるのではないでしょうか。

070618k-2.jpg 目の前の葉上で眼を合わせながらテリトリー開翅。水平開翅になったので、翅表全体を写し撮ろうと15mmFisheye+KISS DNをプログラムモードでフォーカスポイントを中央に設定し、両手でカメラを下向きにそっと差し出して、ノーファインダーで真上からの撮影です。なかなかの画像が得られました。CANONさん、バリアングル液晶ファインダー付きの1眼デジを発売してほしいですねぇ。

 両画像の撮影府県名は敢えて書きません。翅表の瑠璃色の面積からどの辺りの個体群か推測してみて下さい。
 この日は、90mmMacroを封印した代わりにコンデジG3を持参していました。次回はコンデジと1眼デジとの画像比較などを書いてみましょう。【続く】

 【2007-6-19追記】
070619k-2.jpg070619-1k.jpg 上の2枚の写真、RAW画像からの現像がちと暗いのでは?とのコメントをいただきました。同感です。実際の明るさ程度に現像し直した写真を追加でUPしておきますね。
posted by kenken(管理人) at 20:02| Comment(34) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

近況報告

 6/6〜6/9(京都府内3泊4日)、6/10〜6/11(東京都内1泊2日)と出張業務で超多忙にしておりました。京都府内の出張先では施設の通信設備が古く、ネット環境を確保できず、かろうじてメールは読めるもののブログの更新ができず、「kenkenさん、ひきこもりか?」なんてコメントいただき、ご心配をおかけしたようですんません。(笑)
 え〜、で、満を持して本日6/14を代休にして5時起きしてみたら梅雨入りですかな、かなりしっかり雨が降ってますなぁ〜逆にホっとして2度寝して自宅で完全休養です。出張中に撮影した画像で近況報告しておきましょう。

070609h.jpg 京都府内の出張先では、早朝と業務終了後に付近を探索しましたが、まだキマルリの発生にはちと早く、ヒメジャノメがテリを張っていたりしました。さりげなく撮影データを記載しておきましょう。
 カメラ機種名:CANON EOS Kiss DN
 レンズ:CANON EF300mm F4L IS
 シャッター速度:1/500、絞り:4.0
 測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:400

 むふふふ・・・新しいレンズの切れ味は最高ですわ。ヒメジャノメがテリを張るようなやや暗い時間帯、ISO 400で1/500でシャッターが切れるとはなかなか明るいレンズです。この写真、結構離れて撮影してます。このレンズ、樹上でテリ張ったり、茂みの奥で近づきにくかったりする被写体に、かなりの威力を発揮するでしょう。

 6日間でのべ5泊、撮影行ならばなんともないのでしょうが、仕事だと疲れますねぇ〜 出張業務の最終日6/11には、ちょっとパワーを付けようと東京と京都でグルメしました。

070611-1.jpg お昼休み、東京に勤務地変更になった後輩君にうなぎの旨い店を探しておいてもらい、うなぎを食いながら蝶談議しました。
 行ったのは「きくかわ」の日比谷店。ここのうな重最高っ!あふれんばかりにうなぎが2匹入っていて、ご飯が見えません。骨のから揚げ(写真右上)をポリポリかじりながらうな重が来るのを待って食べました。大満足です。

070611-2.jpg 全ての出張業務が終了し、新幹線で京都駅に戻ってきました。京都駅ビル10階にある「京都拉麺小路」、北海道から九州までのラーメン7店があります。休日は行列ですが、平日なら空いているだろうと足を運んでみたら、予想どおり、どのお店も空いていました。
 行ったのは札幌「すみれ」。お奨めの味噌ラーメンを食べました。

 東京出張中、空いている時間はひたすらカメラの量販店でいろいろなグッズを見ていました。さすがに東京、在庫が豊富で、以前から探していたカメラ用のリュックを発見、購入し、担いで帰りました。今夏の遠征に威力を発揮するでしょう。これはまた、後日に紹介しましょう。
posted by kenken(管理人) at 12:24| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

兵庫県・ハチ高原「夏のチョウ観察会のお知らせ」

 夏のチョウ観察会のお知らせです。
 最近の観察会時に撮影した写真をUPしておきますね。
 
070603-050702-u2.jpg070603-050702-u1.jpg

----------以下、主催者からの案内です。----------

 兵庫県の夏の草原にチョウの観察にでかけてみませんか。
 この季節、ここでしかみられないチョウ“ウスイロヒョウモンモドキ”も飛んでいます。

日時:2007年7月8日(日)10:00〜
集合場所:兵庫県養父市 ハチ高原交流促進センター
持ち物:弁当・飲み物・帽子
雨天中止:中止等の確認方法は別途お知らせします。

 参加希望者は、次の必要事項をお書きの上、FAXにてお申し込み下さい。
 申し込み先FAX:078−362−3069

お名前:(          )(  才)
参加人数:(  )名 代表者含む
ご住所:(   )都・道・府・県(     )市・区・町・村(          )
ご連絡先:TEL(          )、FAX(          )

主催:兵庫ウスイロヒョウモンモドキを守る会
    兵庫県・但馬県民局・養父市・香美町
    財団法人ひょうご環境創造協会

協力:氷ノ山鉢伏観光協会・小代観光協会

問合せ先:兵庫県健康生活部環境政策局自然環境課
       TEL:078−362−9084

※2006年7月より、ウスイロヒョウモンモドキは自然公園法による「指定動物」となり、当地を含めて氷ノ山後山那岐山国定公園においては、許可なく採集することはできません。
posted by kenken(管理人) at 18:17| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする