2007年04月30日

白馬遠征(その3)

 え〜、長々とひっぱってしまってすんません。張り込みは「吉」と出ました。微妙に陽が傾いた頃、バンドさんが付近のカタクリに吸蜜に訪れました。

070430-05.jpg 吸蜜する姿を見てシビレましたね。ピカピカの個体です。まずは、翅表を表現した基本に忠実な吸蜜写真を1枚押さえました。もう少し下からのアングルで撮りたかったのですが、下草が入り交じっていて難儀しているうちに飛び去られてしまいました。
 微妙な明るさで、自然光での表現です。黄色い縁毛に浮かび上がるような姿がえぇねぇ〜なかでも、黄色く縁取られた尾状突起が最高の魅力ですな。(CANON EOS 30D + TAMRON 90mm MACRO、絞り優先AE、Tv1/200、Av3.5、評価測光、露出補正-1/3、ISO100、ストロボ非発光、木漏れ日状態でやや順光)

070430-06.jpg 上の写真のカタクリから飛び去った後、「尾行」するとすぐ近くのカタクリにとまりました。
 今度は意識して翅裏を撮影してみました。こりゃまた綺麗ですな。ギフチョウの翅裏って、結構撮りそびれるもんですが、今回はチャンスがあればきちんと裏面も撮ろうを思っていました。美しい翅裏に再びシビレました。(CANON EOS 30D + TAMRON 90mm MACRO、絞り優先AE、Tv1/250、Av3.5、評価測光、露出補正-1/3、ISO100、内臓ストロボ発光-2(最弱)、木漏れ日状態でやや逆光)

070430-07.jpg 最後は、なんといっても私好みの「翅表と翅裏を同時に表現」の構図です。たいていは日光浴かテリトリーシーンでの表現になるのですが、吸蜜シーンで狙ってみました。
 この1枚が、今回の撮影行で最もお気に入りの1枚です。なので、他の写真よりは大きめの画像をUPしてあります。(CANON EOS 30D + TAMRON 90mm MACRO、絞り優先AE、Tv1/250、Av3.5、評価測光、露出補正-1/3、ISO100、内臓ストロボ発光-2(最弱)、木漏れ日状態でやや逆光)

 結局、師匠S氏、後輩S君・T君全員が首尾よくバンドを撮影することができました。前夜の野宿時の撮影プランの打ち合わせで「S君の証拠写真でバンドがおることが分かっている以上、2日目も絶対にそのポイントで粘るべきで、誰かがバンドを発見したら連絡を取り合いながらバンドを囲い込むようにして4人のうちの1人でも良い写真が撮れればそれで成功だよ」って師匠のお言葉が功を奏しました。

 ところで、撮影終了後、カメラを持ち寄って確認したところ、なんと、本日全員が撮ったバンドは昨日S君が撮ったバンドとは別個体であることが分かりました。
 師匠S氏曰く。「2バンドおったんや!」 すさかず訂正を入れておきました。「複数やから2バンズですやろっ」(笑)【おしまい】

【追記】1週間前(4/21〜4/22)同地の下見時の走行距離888km、2日間共に曇り〜小雨、撮影行にあらず妻との温泉旅行。今回(4/29〜4/30)の撮影行の走行距離861km、2日間共に快晴。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(43) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白馬遠征(その2)

070430-00.jpg 2日目、4月30日、ん?って目覚めると朝の4時過ぎでした。昨夜9時には爆睡していたので、7時間以上の睡眠で快適な目覚めです。あまりに山が綺麗なので白馬大橋まで行って写真を撮りました。
 その後、昨夜にスーパーで買い込んでおいた朝食を取って、ギフの活動開始時刻までいろんな撮影ポイントを一通り流して確認し、9時前から昨夕バンドが目撃された付近で「張り込み」開始です。(笑)

 しばらくすると誰かが近づいてきました。なんと「フィールドノート」のtheclaさんではありませんかっ!ダンダラさんから話が伝わったようです。ご挨拶して立ち話ししているとすぐ近くをギフらしき個体が横切っていきました。

070430-01.jpg theclaさんが追いかけると日光浴静止です。どうかっ?って見たらギフのノーマル♂でした。ノーマルとはいえ、2日目にして初めて見れたギフなので、theclaさんの撮影後、日光浴開翅を撮らせていただきました。(theclaさん、有り難うございました。)
 バンドのDNAが感じられる新鮮な個体で、後で師匠S氏に写真を見せると「5段階評価で言えば、バンド度2ってところかな」ってコメントいただきました。(笑)
 残念ながら、今回は、初めて見たギフがバンドというわけにはいきませんでした。(普通はそやろっ!)
 その後、theclaさんはご家族連れなので、待ち合わせがあるとのことで引き上げられました。

 突然、後輩のT君から「バンドのカタクリ吸蜜写真の撮影に成功した」との一報が入りました。見せてもらうとため息の出るえぇ絵です。バンドと思われる個体をひたすら尾行して一瞬の吸蜜シーンを撮影したとのこと。北海道は帯広から九州は対馬まで動きまわるパワーの持ち主ならではの写真でしょう。
 この日は気温が高く、ギフが活動を始めたと思ったらもう飛び回るばかりで午前中の吸蜜タイムはほとんどありませんでした。吸蜜しそうなカタクリの前で張り込んでいても、ひたすら横切る個体ばかりなので、へたくそながらも飛翔写真に挑戦してみることにしました。
 昼過ぎ頃、気温が高くなり過ぎてパタっと飛ばなくなったので、これまで撮影した飛翔写真をモニターで確認しながら整理してみると・・・

070430-02.jpg 飛翔写真の中にヒメギフが上手く撮れたものがありました。青空がバックにいい感じで、翅表も写っていてました。どうも今回はヒメギフに縁があるような・・・

070430-03.jpg070430-04.jpg うひゃあ〜、飛翔写真にバンドも写ってました。1時間ほど前、私の張り込んでいるカタクリに立ち寄らずに横切っていったあいつ、バンドやったんや・・・
 とはいうものの、バンドの証拠写真に喜びを感じている自分でもありました。

 ギフの活動終了予想時刻まで残り2時間程度。もうこうなると、午後の僅かな吸蜜タイムに最後の望みを託して張り込み継続するしかありません。
 ○しみやさん流に言って「ところがこれがやってこないんですよねぇ〜」ってなるのか、「読みが当たってバンドさんが吸蜜にやってこられました」ってなるのか、「その3」に引っ張ってみましょう。(つづく)
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする