2007年04月14日

定点観察(その2)

 前回に引き続き、地元のギフチョウの定点観察。
 今回は、発生地を訪れてみた。この地点は、一昨年に卵を確認した場所だ。

070414-01.JPG ひたすらカンアオイの葉をめくってギフチョウ卵を調査する。カンアオイはそれなりに自生しているが、ちょっと環境の変化が厳しく、ギフチョウ成虫にも卵にも遭遇せず。腰の疲れる1日。
 「絶滅」というのを証明するのは難しいが、「NULL」という記録はきちんと残しておかねば・・・それにしても、こういう撮影はストレスたまるなぁ。

070414-02.JPG ところでこの季節、ちょっとでも薮こきしようものならば、すぐにズボンや靴にダニがへばりつき、難儀します。皆さん、そんなことないですか?
 これは、靴にについたダニをUPした写真。大きさは1mmくらいかな。ブッシュから出てくるたびに、ズボンや靴のダニを丹念に払うのに時間がかかる。
posted by kenken(管理人) at 20:31| Comment(26) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする