2006年12月24日

お蔵入り写真シリーズ(12) 「奥飛騨慕情」

 メリークリスマス♪
 今夏、8月7日に奥飛騨にオオゴマシジミの撮影に出かけたときのお蔵入り写真を掲載しよう。

060807ogm.jpg まずは、「成功写真」の再掲。約45度に開翅している片翅表と眼の両方をレンズ面に平行において撮影したもの。翅表のブルーはチョイ覗きではあるが、翅表にも眼にもピントが決まっていていい感じ。
 撮影データは次のとおり。Canon EOS 30D + Tamron 90mm Macro、絞り優先、シャッター速度1/160、絞り4.0、露出補正-1/3、ISO感度200

061225-2.jpg 次に「お蔵入り写真その1」。片翅表のブルーを全部表現しようとすると、翅表をやや斜めに撮ることになり、中央部分にのみピントが合って、眼と翅周囲がややぼやけてしまう。ブルーは多く表現できたが、眼にピントがいっていないので、なんとなく締まりがない感じ。
 撮影データは上の「成功」写真とまったく同じで次のとおり。Canon EOS 30D + TAMRON 90mm Macro、絞り優先、シャッター速度1/160、絞り4.0、露出補正-1/3、ISO感度200

061225-1.jpg 次に「お蔵入り写真その2」。「ならば、被写界深度の深いコンデジで翅表全部を表現しよう」と撮影したのがこの写真。CCDの面積が小さい分、露出不足で絞りきれず、やはり眼にはピントがいっておらず、なんとなく締まりがない感じ。
 撮影データは次のとおり。Canon PowerShot G3、絞り優先、シャッター速度1/160、絞り数値2.0、露出補正-1/3、ISO感度オート、焦点距離7.2 mm(ワイド端)

 皆さんは、こんな45度開翅のシーンに遭遇したらどんな風に撮影しますか?結局、この日は、これ以上の角度に開翅するシーンにはお目にかかれませんでした。

061225-3.jpg 最後に「お蔵入り写真その3」。当日撮影したまったく別の写真をお口直しに。離〜れたところで吸蜜中の2種をなんとか1枚の絵に収めてみようと絞って撮影した1枚。今年はキバネセセリが豊作やったなぁ。
 撮影データは次のとおり。Canon EOS Kiss DN + SIGMA 15mm Fisheye、絞り優先、シャッター速度1/160、絞り数値13.0、露出補正-2/3、ISO感度400
posted by kenken(管理人) at 22:40| Comment(22) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする