2006年12月10日

生態写真コンテスト

 ここのところ、ほとんど休みなく仕事しておりまして、ようやく今日、日曜日はお休み。ちょっと紹介が遅れて、皆さん、もうご存知かもしれませんが、お付き合い下さい。

 T研出版発行の「T研フィールド誌」で2年に1度開催される「生態写真コンテスト」、2006年12月号がその第12回コンテストの結果発表号で、数点応募していたところ、拙作も入賞させていただきました。ありがたや、ありがたや。

061210-1.jpg 生態写真コンテストの結果発表ページはこんな感じで4ページあり。著作権に触れないように、ちょっと小さめの画像にしておこう。なので・・・T研出版さん、作品を投稿された皆さん、許してちょんまげ!
 本ブログや本体のHPからリンクしているブログやHPの管理人さんの作品も何点か選ばれている。
 それにしても、皆さんハイ・レベルやなぁ〜

061210-2.jpg 選んでいただいた拙作はこれ。昨2005年にお蔵入りにしていた写真。投稿にあたってのキャプションは次のとおり。
 「『腕章に飛来したウスイロヒョウモンモドキ』各地で保全活動が取り組まれるようになったウスイロヒョウモンモドキ。兵庫県の観察会での1コマ。ウスイロヒョウモンモドキの姿が印刷された腕章に本物が飛来した。撮影地:兵庫県養父市ハチ高原 撮影日:2005年7月2日」
 たまたま左腕にしていた腕章に本物が飛来したので、バリアングル液晶モニターのコンデジを駆使して右手1本でバシャバシャ撮影したもの。以下に、同じ瞬間に連写した「ハズレ」写真を3枚お目にかけよう。

061210-3.jpg061210-4.jpg

061210-5.jpg あっという間の出来事だったので、撮れたのは上の写真を含めて4枚だけ。

061210-6.jpg 同じ日に撮った環境も写し込んだ1枚。
 これらのお蔵入り写真は、全てコンデジ SONY Cybetshot DSC-S30(130万画素機)での撮影。この当時はこんな作風だった。来夏はもっと違った作風で迫ってみよう。
posted by kenken(管理人) at 10:30| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする