2006年10月14日

サツマシジミ

 秋のシジミチョウシリーズ、今年はもうひと花咲かせるべくサツマシジミ撮りたいな・・・なんて考えていると、師匠(と勝手に私がお呼びしている)のSさんと後輩のS君の両名から「サツマシジミ予定ありますか」なんて嬉しいお誘いあって、ご一緒することに。三重県南伊勢地方を探索。この日はややお天気悪く雲が多くて気温も上がらずであったが、なんとか出会うことができた。

06101401.JPG この日最初の1頭。まずはいつもどおり 90mm Mcro で証拠写真を押さえておく。日がかげっていて露光不足気味ではあるが自然光で撮影。その分、ありのままの色が描写できたかな。

06101402.JPG サツマシジミをまともに撮影するの初めて。この蝶、翅裏の地色が他の蝶にはない純白で秀逸美麗!翅表のブルーも最高。この日、延々粘るも、翅表を拝ませてくれたのはこんな一瞬だけだったが。

06101403.JPG06101404.JPG 崖下の道沿いのセンダングサ?を訪花中の個体。風あって、光量不足で被写体ブレするが、なんとか 15mm Fisheye で撮影。青空でないのが残念。順光で撮ると左のようになり、翅裏の純白の地色が強調できる。逆光で撮ると右のようになり、前翅中央部の白斑が透けて見えてなんとも良い。

06101405.JPG 延々粘るも、全開翅シーンにはお目にかかれず。飛翔する姿のブルーがあまりにも綺麗なので、シビレを切らして飛翔写真に挑戦してみた。かろうじて画面の隅にボケた姿が写っていた1枚があった。むむむ・・・私には飛翔写真の才能はないようだ。(笑)

06101406.JPG 副産物はヤクシマルリシジミ。好みのアングルから好みの半開翅シーンを撮ってみた。ルリシジミとは違うやや深いルリ色。こいつにはまあまあ出会えた。

06101407.JPG ヤクシマルリシジミの訪花シーン。翅裏の地色をサツマシジミと比べるべく 90mm Macro で接写。サツマとヤクルリ、見比べると、サツマの翅裏の地色は、本当に「純白」であることが分かる。

 帰路は伊勢市内に寄り道してお気に入りの「伊勢うどん」を食して帰る。店のマスターに「お土産に買って帰るにはどこの伊勢うどんが旨い?」って尋ねると、親切にメモをくれた。タレは「マ●キ」、うどんは「横●」とのこと。さっそく近くのスーパーで購入。明日の昼も伊勢うどんにしよう♪

 本日の走行距離447km。伊勢自動車道は直線的で空いていて走り易い。もちろん往路も復路もETC通勤割引の時間帯に利用。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(30) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする